メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

トップページ > 健康・福祉・介護 > 予防接種・感染症 > 新型コロナウイルス感染症 > 新型コロナウイルスワクチン間違い接種(異なるワクチンの通算3回接種)(令和3年10月22日)

新型コロナウイルスワクチン間違い接種(異なるワクチンの通算3回接種)(令和3年10月22日)

更新日:2021年10月22日

職域接種と市の集団接種で2種類のワクチンの接種を通算3回受けた事案が確認されました。

被接種者の健康状況については、特に症状はなく、体調に変化はありません。

被接種者

40代 男性

経過

  • 7月、職域接種で1回目接種(モデルナ社製ワクチン)後、9月、市の集団接種で、ファイザー社製ワクチンを2回接種し、通算3回接種した。
  • ワクチン接種記録システム(VRS)のデータ精査のため、予診票とVRSの接種記録とを照合していた際に、通算3回接種していることを確認。
  • その後、本人に事実を確認した。

原因

  • 職域での1回目接種の際に、市の発行した1回目の接種券を使用しない方法で接種していたことから、市の集団接種会場にて1回目接種券を使用して接種することが可能であった。
  • 市の集団接種会場で接種を受ける際に、予診票に1回目接種と記載し、会場職員からの確認の際にも通算2回目であることを伝えなかった。

再発防止策

  • 接種時には必ず接種券を使用することを徹底するよう、接種医療機関や関係施設等に注意喚起する。
  • 市の集団接種の受付の際に、職域等で接種していないかの確認を、改めて強化する。

このページに関する問い合わせ先

長寿社会部 ワクチン接種対策室担当
電話:092-580-1891
ファクス:092-573-7791
場所:新館3階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。