コンテンツにジャンプ

トップページ > まち・環境 > 上下水道 > 水道・下水道工事関連(指定工事事業者・工事店・各種申請様式) > 指定給水装置工事事業者制度の更新制導入

指定給水装置工事事業者制度の更新制導入

更新日:2020年01月06日

平成30年12月12日に水道法が改正されたことに伴い、大野城市でも、指定給水装置工事事業者制度に更新制を導入します。
この改正法により、指定の有効期限が従来の無期限から5年間となることから、給水装置工事事業を継続して行う場合、指定給水装置工事事業者の皆さまにおかれましては、有効期間内に指定の更新申請を行う必要があります。
また、指定の更新申請時に、大野城市上下水道局では、皆さまから事業運営等の4項目について確認し、その内容の一部を大野城市役所のホームページなどで公表します。

1.初回の有効期間

初回の有効期間は指定を受けた日によって異なります。

指定を受けた日対象指定番号初回の有効期間
平成10年4月1日~平成11年3月31日 第2~52号 令和2年9月29日まで
平成11年4月1日~平成15年3月31日 第56~121,123~126,129~149,153~168,170~172,174~181号 令和3年9月29日まで
平成15年4月1日~平成19年3月31日 第122,128,173,182~234号 令和4年9月29日まで
平成19年4月1日~平成25年3月31日 第127,150,151,169,221,235~291号 令和5年9月29日まで
平成25年4月1日~令和元年9月30日 第192,293号~ 令和6年9月29日まで

 2.指定更新の基準

指定更新の基準は、指定の基準(水道法第25条の3)に準拠します。

指定の要件

  1. 事業所ごとに給水装置工事主任技術者を選任すること 
  2. 切断用・加工用・接合用の機械器具及び水圧テストポンプを有すること 
  3. 欠格要件に該当しないこと

3.指定の更新申請時に確認する4項目

大野城市上下水道局では、指定の更新申請時に下記の4項目について確認します。

  1. 指定給水装置工事事業者講習会の受講状況
  2. 業務内容(営業時間、漏水修繕、対応工事等について)
  3. 給水装置工事主任技術者の研修受講状況
  4. 適切な作業を行うことができる技能を有する者の従事状況

また、「大野城市指定給水装置工事事業者一覧の公表に関する同意書」で同意をした指定給水装置工事事業者の皆さまにつきましては、確認した内容の一部を大野城市役所のホームページなどで公表します。

4.指定給水装置工事事業者講習会について

令和2年5月に、筑紫地区合同で指定給水装置工事事業者講習会を実施する予定です。詳細につきましては決まり次第、大野城市役所ホームページなどで周知します。

5.指定給水装置工事事業者制度の更新制導入に関する広報資料等

第1回更新対象事業者については、令和2年3月に案内文書を送付予定です。詳細につきましては決まり次第、大野城市役所ホームページなどで周知します。

添付ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

上下水道局 料金施設課 給排水設備担当
電話:092-580-1927,092-580-1928
ファクス:092-573-5380
場所:新館2階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。