コンテンツにジャンプ

トップページ > まち・環境 > 上下水道 > 下水道のご利用・トラブル(詰まりなど) > ディスポーザには制限があります

ディスポーザには制限があります

更新日:2019年08月21日

ディスポーザには、「ディスポーザの単体」と「ディスポーザ排水処理システム」の2種類があります。「ディスポーザの単体」は、野菜くずなどの生ごみを砕いて水と一緒に直接下水道に流し込みますが、「ディスポーザ排水処理システム」は、生ごみを砕いた後に処理して、水分だけを下水道に流し込みます。
現在の下水道施設はディスポーザ使用を想定していません。生ごみを多く含んだ下水を流すと、下水管の詰まりのもとや、腐敗して悪臭を発生させるもととなり、水質や環境を悪化させる原因となります。このため、「ディスポーザの単体」の使用はできません。
「ディスポーザ排水処理システム」は、公益社団法人日本下水道協会の基準に合ったものであれば設置することができます。ただし、設置後は下水道管に悪影響が出ないよう適切に維持管理しなければなりません。

なお、設置する際は事前に届け出が必要です。

添付ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

上下水道局 料金施設課 給排水設備担当
電話:092-580-1927,092-580-1928
ファクス:092-573-5380
場所:新館2階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。