コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > 大野城市の紹介 > 歴史と文化財 > イベント、講座など > 史跡案内ボランティア養成講座「山城楽講」を開講します

史跡案内ボランティア養成講座「山城楽講」を開講します

更新日:2017年10月05日

山城楽講とは、ふるさとの文化財の魅力を多くの人の心に届けるために、史跡の案内ボランティアをしている団体です。現在、講座を終えた1・2期生が史跡案内ボランティアとして活動していますが、今回新しい仲間を募集します。大野城跡や水城跡のことを学んでガイドを目指してみませんか?


1.応募条件

大野城跡などの史跡を案内することから、山歩きができる健脚な人
 

2.研修について

  • 期日
平成29年10月20日(金曜日)から平成31年3月までの一年半
午後2時から午後5時(日によって違います)
毎月第3金曜日を中心に、1年半の間に20回の研修を実施予定

 

  • 場所
市役所会議室、大野城跡や水城跡現地

 

  • 内容
講話などの室内学習と大野城跡や水城跡、他の山城等での現地学習。
講座終了後、史跡案内ボランティアとして実際のガイドに当たってもらいます。

  • 受講料
無料。ただし、実地学習の場合実費負担の場合があります。

  • 定員

20人(先着順)


  • 申し込み


申込用紙に記入のうえ、問い合わせ先まで送付、FAX、または持参してください。申込用紙は、下記よりダウンロードできます。

  • 申込期間
平成29年8月21日(月曜日)から平成29年10月6日(金曜日)

山城楽講ガイドの様子

添付ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

教育部 ふるさと文化財課 啓発・整備担当
電話:092-580-1917
ファクス:092-501-2270
場所:本館5階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。