コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > 教育・文化・スポーツ > スポーツ > スポーツ施設についてのお知らせ > 弓道場の個人使用方法について

弓道場の個人使用方法について

更新日:2019年02月26日

現在、弓道場の個人使用できる条件として「有段者の使用または有段者の指導者が同伴する場合」としています。
以下のとおり個人使用できる条件をまとめました。
利用者の皆様のご理解とご協力をお願いします。

個人使用条件について

未経験者(未実施者)の場合

有段者である保護者または有段者である大人(20歳以上の成人)の同伴が条件

小中学生(有段者)の場合

保護者または大人の同伴が条件

高校生~大人(有段者)の場合

同伴の必要なし

 

受付方法について

受付時に段位証明書を提示してください

  • 次回以降は段位証明書を持参しなくていいように、確認用紙に必要事項を記入してもらい台帳で管理します。
  • 台帳で管理する期間は2年間です。管理期間を過ぎた場合は、再度段位証明書を提示してください。
  • 段位証明書は写真でかまいません。(携帯電話・スマートフォンの写真データなど)

使用料金のかかる対象者について

  • 競技者
  • 指導および練習の補助(矢の回収など)をする者

添付ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

教育部 スポーツ課 スポーツ担当
電話:092-580-1914
ファクス:092-501-2270
場所:本館5階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。