コンテンツにジャンプ

トップページ > 教育・文化・スポーツ > 学校教育(小・中学校) > 大野城市教育サポートセンター

大野城市教育サポートセンター

更新日:2019年07月24日

目的

市のいじめ防止対策を推進し、0歳から15 歳までの子どもの発達や就学に関する相談、不登校・非行などの解消に向けた取り組みを行います。

組織

教育、心理、福祉の専門家がいます。

  • 教育:指導主事
  • 心理:臨床心理士(スクール・カウンセラー)
  • 福祉:社会福祉士(スクール・ソーシャルワーカー)

相談

次のような形で相談できます。

  • 来所相談:教育サポートセンター(市役所5階)
  • 電話相談:092‐580-1877
  • 訪問相談:内容によっては、学校や保育所、幼稚園、家庭で相談できます。

支援

次の支援を行っています。

  • カウンセリング:相談内容により、必要に応じてアドバイスをします。
  • 発達検査:検査を行い、子どもの得意・不得意なことを明らかにします。
  • 支援計画の作成:家庭や学校、保育所・幼稚園などと連携して、子どもの成長のための計画を作成します。
  • ソーシャルワーク:子どものために必要な関係機関などを紹介します。

このページに関する問い合わせ先

教育部 教育指導室(教育サポートセンター) 教育指導担当
電話:092-580-1905,092-580-1909
ファクス:092-501-2270
場所:本館5階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。