コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > 教育・文化・スポーツ > 学校教育(小・中学校) > 中学校卒業程度認定試験を実施します

中学校卒業程度認定試験を実施します

更新日:2019年07月01日

病気などやむを得ない事由により、中学校を終了できなかった人を対象として、中学校を卒業した者と同等以上の学力があるかどうかを認定するための試験を行います。試験に合格すると高等学校の入学資格が与えられます。

受験資格

中学校を終了できなかった人とは次のいずれかに当てはまる人です。

  1. 就学義務猶予免除者である人又は就学義務猶予免除者であった人で、令和2年3月31日までに満15歳以上になる人
  2. 保護者が就学させる義務の猶予又は免除を受けず、かつ、令和2年3月31日までに満15歳に達する人で、その年度の終わりまでに中学校を卒業できないと見込まれることについてやむを得ない事由があると文部科学大臣が認めた人
  3. 令和2年3月31日までに満16歳以上になる人(1.及び2.に掲げる者を除く)
  4. 日本の国籍を有しない人で、令和2年3月31日までに満15歳以上になる人

試験の申し込みについて

 受験案内(出願書類)の配布期間

令和元年7月8日(月曜日)から令和元年9月6日(金曜日)まで

受験案内(出願書類)の配布場所

福岡県教育庁教育振興部義務教育課学事企画係

  • 郵便番号:812-8575
  • 住所:福岡市博多区東公園7番7号  福岡県庁北棟4階
  • 電話番号:092-643-3908

郵送を希望する場合は、角形2号の返信用封筒(住所、氏名を明記の上、205円切手を貼付したもの)を同封の上、上記宛てに請求してください。

出願方法

受験案内に添付してある封筒を使用し、内容を確認のうえ、必要書類を「文部科学省」宛てに書留で郵送してください。
なお、持参による願書受付は原則として行いません。

願書受付期間

令和元年8月19日(月曜日)から令和元年9月6日(金曜日)まで (令和元年9月6日の消印があるものは有効とします)

試験の実施について

試験実施期日

令和元年10月24日(木曜日)
注:自然災害による試験の中止や、公共交通機関の遅れなどにより受験ができなかった場合は再試験を実施する場合があります。

試験会場

福岡県庁

  • 福岡市博多区東公園7番7号

試験科目および時間割

  • 国語:午前10時~10時40分
  • 社会:午前11時~11時40分
  • 数学:午後1時~1時40分
  • 理科:午後2時~2時40分
  • 外国語(英語):午後3時~3時40分

試験方法

筆記試験(障害により、試験の実施に際し特別の配慮を必要とする場合は、別途協議します)

合格発表

令和元年12月2日(月曜日)(本人宛に結果通知を発送する予定です)

実施主体

福岡県教育委員会などの協力を得て、文部科学大臣が行います。

参考:文部科学省ホームページ(就学義務猶予免除者等の中学校卒業程度認定試験について)
     

このページに関する問い合わせ先

福岡県教育庁教育振興部義務教育課学事企画係
電話番号:092-643-3908

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。