メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

古紙などの集団回収を始めませんか

更新日:2021年4月12日

ごみの減量と資源を活用するための施策の一つとして、古紙等集団回収奨励金制度を設けています。子ども会やマンションの管理組合などが団体登録して、古紙などを回収した場合、回収量に応じた奨励金を受け取れます。団体登録は随時受け付けています。

古紙などの集団回収

対象となる団体

活動を定期的に行う市内の区、シニアクラブ、社会教育または社会教育関係団体その他の団体

対象となるもの

  • 新聞紙(折り込みチラシを含む)
  • 雑誌
  • 雑がみ
  • 古本(ビニール等でコーティングされていないものに限る)
  • ダンボール
  • 飲料用紙パック(アルミ箔(はく)貼りではないものに限る)
  • 古布  

奨励金

1キログラムにつき7円

  • 10トン以上、または4回目以降の場合は、1キログラムにつき1円加算
  • 新規登録団体は、1キログラムにつき2円加算(初年度のみ)
  • 回収量が前年度実績を超えた団体は、超えた量1キログラムにつき3円加算  

注意事項

  • 雑がみとは、はがき・封筒・お菓子などの紙箱・包装紙・紙袋・トイレットペーパーの芯・ラップやティッシュペーパーの箱・メモ紙・付せんなどのことです。紙袋に入れるか、ひもで束ねて出してください。
  • シュレッダーで細かく裁断した紙は、古紙回収業者によって、引き取りの基準が異なります。
  • ビニール・テープ・シール・シールのはく離紙・裏カーボン紙・パラフィン紙・トレーシングペーパー・写真・銀紙・ガムテープ(「リサイクルできます」と書かれていないもの)・臭いのついた紙・汚れた紙は燃えるごみです。
  • 飲料用紙パックは、洗って、乾かして、切り開いて、ひもで束ねて出してください。内側にアルミ箔が貼ってあるもの、プラスチック製の注入口はもえるごみです。
  • 皮製品・バッグ・枕・布団・座布団は、古布としては出せません。
  • 事業所から出される古紙などは、対象になりません。  

このページに関する問い合わせ先

環境経済部 循環型社会推進課 生活環境・最終処分場担当
電話:092-580-1889
ファクス:092-572-8432
場所:本館2階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。