コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > くらし・手続き > 各種相談 > 大野城市消費生活センター

大野城市消費生活センター

更新日:2016年08月08日

相談窓口市役所内に常設された市消費生活センターでは消費生活に関する相談を受け付けています。商品購入や契約に関するトラブル、多重債務など、市民の皆さんの消費生活に関連するさまざまな相談に、経験豊富な消費生活相談員が答えます。無料ですので、気軽に利用してください。

消費者トラブルで悩んでいませんか

消費者トラブルは巧妙化、複雑化し、新たな消費者トラブルも発生しています。
悪質商法による被害を未然に防止するため、相談で日々寄せられる最新事例の情報提供、街頭啓発、広報、出前講座で啓発しています。
悪質商法に関する相談件数が増えているため、さらに利用しやすい相談窓口となるよう、今後も充実させます。
また、消費生活サポーターの皆さんの協力を得ながら、高齢者の見守りや注意喚起など、細かな対応ができるように、地域に根ざした消費者教育を継続的に推進していきます。

消費者トラブルの相談先

大野城市消費生活センター

  • 受付
    平日 午前9時30分から午前12時
       午後1時から午後4時30分
    注:予約不要
  • 場所 市役所新館4階
    電話番号 092-580-1968
  • 相談内容:消費生活相談員による相談
    注:内容によっては、多重債務法律相談を紹介することがあります。
  • 相談方法

    面接
    電話

福岡県消費生活センター

  • 受付

    月曜日から金曜日 午前9時から午後4時30分
    日曜日 午前10時から午後4時(日曜日は電話相談のみ)

  • 電話番号 092-632-0999

消費者ホットライン

  • 受付
    午前10時から午後4時(年末年始を除く)
  • 電話番号
    188(市外局番無し)

弁護士による多重債務無料法律相談

次のようなことに悩んでいませんか。

  • 何年も返済を続けているのに、一向に借金が減らない
  • クレジットカード会社や消費者金融からしつこく借金返済の催促を受けている
  • 破産するとどうなるか心配
  • 実は利息を払いすぎていて、過払い金を取り戻せるのでは
    借金(債務)は解決できます。借金の状況などに応じて、適切な債務整理の方法、費用について弁護士がアドバイスします。
    債務整理の方法が分からない人や何か聞きたいことがある場合は、気軽に消費生活相談窓口に相談してください。

注:消費生活センターでは、実際に債務整理の手続きは行っていません。

  • 日時:毎月第2・第4水曜日(祝日の場合は翌開庁日) 午後1時から午後4時
  • 定員:6人(先着順)
  • 相談時間:1人 30分
  • 相談料:無料
    注:相談後、弁護士が債務整理や過払い金取り戻しなど事件として受任する場合は、別途弁護士費用がかかります。
  • 会場:市役所会議室
  • 申込方法:消費生活センター窓口、または電話で予約してください。

寄せられた消費生活相談の内容

相談内容(商品・役務別)で多いのは、フリーローン・サラ金に関すること、賃貸アパート・借家に関すること、アダルトサイト・出会い系サイト・デジタルコンテンツに関することなどです。

消費生活相談に関するホームページへのリンクや、県内で多発している詐欺・悪徳商法などを市ホームページに掲載しています。

消費生活相談員から

受付嬢最近は、さまざまな新しい手口の悪徳商法が生まれ、また、携帯電話やインターネットの普及により思いもよらないところでトラブルに巻き込まれるといった相談が数多く寄せられています。
なかでも、高齢者を狙った犯罪は後を絶ちません。悪質業者などからの被害に遭わないために、日ごろから身近な人と話し合い、信頼できる窓口で相談することが大切です。
センター窓口では、私たち4人の消費生活相談員が、市民の皆さんの消費生活に関する助言や情報提供、業者との話し合いなどを行い、一緒になってトラブルの解決を目指します。一人で悩まないで、気軽に相談してください。

このページに関する問い合わせ先

危機管理部 安全安心課 生活安全担当
電話:092-580-1897,092-580-1898
ファクス:092-572-8432
場所:本館2階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。