コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > 安心・安全 > 防犯 > 老朽化した危険な空き家の解体に最大50万円を補助します

老朽化した危険な空き家の解体に最大50万円を補助します

更新日:2017年04月17日

地域の安全で安心な住環境の確保と良好な景観の維持を図ることを目的に、老朽化した危険な空き家などの除却工事に対して、工事費の一部を補助します。事前に相談のうえ申請してください。

対象となる建物

以下の要件を全て満たすもの

  • 老朽化した危険な建物で使用されていない空き家
  • 木造または軽量鉄骨造で居住用の建物
  • 所有権以外の他の権利が設定されていない建物(権利者から承諾を受けた場合を除く)
  • 賃貸借契約が締結されていない建物
  • 市の老朽危険度判定基準の評定100点以上の建物

対象者

建物の所有者、相続人
注:次の人は対象外

  • 法人
  • 暴力団および暴力団員と密接に関係のある者
  • 市税滞納者

補助金額

  • 除却工事費の2分の1で、50万円を上限に補助

注:補助額の1,000円未満は切り捨て

対象件数

  • 5件程度

その他

  • すでに除却工事に着手している場合は対象外
  • 今年度については、平成30年2月末までに除却工事を完了することが必要

添付ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

危機管理部 安全安心課 生活安全担当
電話:092-580-1897,092-580-1898
ファクス:092-572-8432
場所:本館2階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。