メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

トップページ > 安心・安全 > 防犯 > 空き家 > 空き家・空き地の適正管理をお願いします

空き家・空き地の適正管理をお願いします

更新日:2020年3月6日

空き家・空き地の管理は所有者が行わなくてはなりません

所有する空き家・空き地の管理は適切に行いましょう。
放置すると、所有者だけでなく、近所にも大きな迷惑を与えてしまいます。

管理されていない空き家


空き家を放置すると

  • 家屋の倒壊や損壊
  • 樹木や雑草の繁茂による越境
  • 動物の侵入
  • 不審者の滞在 など

空き地を放置すると

  • 雑草の繁茂
  • 害虫の発生
  • ごみの不法投棄
  • 枯れ草の野火や放火による火災誘発 など
人_悩み
管理が行われていないことにより、周囲へ悪影響を与えた場合、所有者の責任として損害賠償請求に発展することもあります。


定期的な点検を行いましょう

空き家・空き地の点検を、月1回程度は実施しましょう。
定期的な手入れを行うことで、スムーズな活用(売却、賃貸等)へもつながります。
 

空き家の点検ポイント

  • 外壁・基礎が損傷していないか
  • 雨漏りがないか、カビが生えていないか
  • 室内の清掃
  • 庭木・雑草の手入れ
  • 通風、換気
  • 窓や玄関扉の施錠の確認
  • 門塀が破損していないか など
凍結破裂による漏水、漏電による火災防止のため、電気・水道・ガスは必ず閉栓等しましょう。
また、冬場は水道管の凍結防止対策を行うようにしましょう。

空き地の点検ポイント

  • 定期的な(最低でも年2回程度)草刈り
  • ごみの不法投棄がないか見回り
  • 不法投棄防止柵の設置
  • 枯れ草の除去

遠方に住んでいるなどの理由により、定期的な点検が難しい場合は、民間事業者が実施している「空き家・空き地管理サービス」を利用し、適切な管理を行うことも1つの方法です。

空き家・空き地の利活用を考えましょう

人が住んでいない空き家は傷みやすくなり、利用しない空き地は雑草が伸び続けます。
空き家に今後居住する予定がなかったり、空き地の利用予定がなかったりする場合は、利活用を考えましょう。
活用には、売却や賃貸などがあります。詳しくは、近くの不動産業者などへ相談してください。
人_喜び

このページに関する問い合わせ先

危機管理部 安全安心課 生活安全担当
電話:092-580-1897,092-580-1898
ファクス:092-573-7791
場所:新館3階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。

空き家・空き地の適正管理をお願いします