コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > 安心・安全 > 交通安全 > 「危険ドラッグ」は絶対だめ!

「危険ドラッグ」は絶対だめ!

更新日:2017年08月30日

危険ドラッグとは、覚せい剤、麻薬、大麻など規制薬物に似せて作られ、同じように作用する成分を含む商品が多く、大変危険です。
「お香」の商品に麻薬や指定薬物などの違法な薬物が含まれていることがあります。
合法ハーブとして売られている商品(写真例)を使用して、意識障害、けいれん、呼吸困難などを起こして死亡するなどの事件が多発しています。
県内でも平成25年中に56人が救急搬送され、危険ドラッグが原因と疑われています。
また、危険ドラッグを使用したと思われる人が車を運転し、重大事故を起こしたこともあります。

  • ANARCHY Spiderの写真
    ANARCHY Spider
  • Blue Magicの写真
    Blue Magic

指定薬物の「所持」「使用」「購入」「譲り受け」を禁止

違反した場合には、3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金またはこれらの両方が科されます。

このページに関する問い合わせ先

危機管理部 安全安心課 生活安全担当
電話:092-580-1897,092-580-1898
ファクス:092-572-8432
場所:本館2階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。