コンテンツにジャンプ

トップページ > 安心・安全 > 防災 > 防災・減災への取り組み > 災害時避難行動要支援者の支援制度

災害時避難行動要支援者の支援制度

更新日:2019年07月29日

大野城市災害時避難行動要支援者支援計画

市では、災害発生時に、避難行動に支援が必要な人の生命と身体を守るという重要な目標を達成するため、これまで取り組んできた「自助と共助」を基本として地域ぐるみで避難行動要支援者の安全と安心を守る支援体制のさらなる充実を目的として「大野城市災害時避難行動要支援者支援計画」を策定しました。(平成27年3月改訂)
この計画に基づき、関係機関と連携しながら避難行動要支援者の支援を行います。

避難行動要支援者名簿の作成と名簿情報の提供

市では、災害対策基本法に基づき、災害時に自力で避難することが困難な高齢者や障がいのある方などの名簿(避難行動要支援者名簿)を作成します。
この名簿は、災害が発生した場合や、発生するおそれがある場合に、円滑かつ迅速な避難支援を行うため、避難を支援する人に支援に必要な名簿情報が提供されます。
また、届出された要支援者ごとの避難支援カード(支援計画)により避難の支援を行います。

名簿対象者

  • 高齢者(65 歳以上の人)で単身世帯または高齢者のみの世帯の人
  • 介護保険法による要介護認定を受けている人
  • 障がいのある人で身体障害者手帳1級、2級および療育手帳Aをお持ちの人
  • 難病患者、妊産婦、乳幼児、外国人等で、支援を希望する人
  • その他、自力では避難することが困難で、支援を希望する人
  • 避難支援等関係者が災害発生時に支援が必要と認めた人

(注)上記のうち高齢者、要介護認定者、障がい者については、対象者宛にご案内を送付しています。
(注)難病患者、妊産婦、乳幼児、外国人、その他自力では避難することが困難で、支援を希望する人は、届出が必要ですので、問い合わせください。

名簿情報の提供先(避難支援等関係者)

  • 地域支援者(名簿対象者が指定する支援者)
  • 自主防災組織(各区)
  • 民生委員・児童委員
  • 大野城市社会福祉協議会
  • 春日・大野城・那珂川消防本部
  • 春日警察署
  • その他避難支援者(医療機関、消防団等)

(注)本人の同意を得て、避難支援等の実施に必要な限度で、避難支援等関係者に、平常時から災害の発生に備えて、必要な情報を提供します。
(注)災害が発生した場合や、発生するおそれがある場合で、避難行動要支援者の生命や身体を守るために緊急を要する場合には、本人の同意を得ることなく、避難支援等関係者に情報を提供する場合があります。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

危機管理部 安全安心課 消防・防災担当
電話:092-580-1899
ファクス:092-572-8432
場所:本館2階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。