コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > 安心・安全 > 熊本地震被災地支援 > 被災者への一時避難施設の提供について

被災者への一時避難施設の提供について

更新日:2016年06月17日

被災者への一時避難施設の提供について

 平成28年熊本地震で被災された方々のうち、下記の高齢者等の避難生活に支障がある方々を対象として、福岡自治研修センター(福岡県職員研修所・福岡県市町村職員研修所)を一時的な福祉避難所として提供します。
  • 対象者  避難所等で生活されている方々のうち、高齢者、障がい者、妊産婦、乳幼児などで、避難生活に支障がある方々とその介助者 (ただし専
                 門的な介護、特別な配慮を要する食事の提供が必要な方は対応が困難ですので除きます。)
                 注:自宅の被害の有無は問いません。
  • 提供内容  宿泊施設、食事、入浴   
                    注:宿泊施設は個室(2人用)及び和室になります。   
                    注:最大収容人員44名(1階部)
  • 受入れ先  福岡自治研修センター 大野城市大字乙金8番1
  • 費用  無料
  • 受入れ期間  5月3日(火曜日)から5月末日まで
  • 申込みと問合せ先  大野城市役所 092-501-2211(コールセンター)

このページに関する問い合わせ先

危機管理部 危機管理課 危機管理担当
電話:092-580-1966
ファクス:092-572-8432
場所:本館2階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。