メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

食料品等支給・買物支援事業

更新日:2021年8月2日

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、保健所の指示により、自宅療養者または濃厚接触者として自宅待機を求められている人で、親族や知人などから買い物などの支援を受けることができない世帯の日常生活を支援するため、食料品及び日用品等の支給並びに、買い物支援を行います。

対象者

大野城市に住んでおり、次のいずれかに該当する人で、親族や知人などから買い物などの支援を受けることが困難な人。(ただし、食料品等の支給については、福岡県からの陽性者に対する食料品等提供サービスを受けている方は除く。)

  1. 医療機関への入院や宿泊療養施設への入所を行わず、自宅療養となった新型コロナウイルス感染症の陽性者
  2. 同居家族等が陽性者で、自宅待機を要請されている濃厚接触者

支援内容

1.食料品等の支給

費用:無料

生活の継続に必要な食料品や日用品等を最大で14日分支給します。(原則1回)

  • 自宅療養期間に応じて、数量などを調整します。
  • 乳児用おむつ等は必要に応じて別途追加します。

2.買物支援

費用:実費負担

食料品や日用品等の調達にお困りの方に代わって市職員が買い物し、自宅へ届けます。

  • 1回あたり5,000円以内 3回まで

支援期間

支援の申し出があった時から、保健所の指示による自宅療養期間が終了するまで(最長14日間)とし、原則として、平日の午前9時から午後5時までとします。

注意:緊急性の高い場合は、土曜日・日曜日・祝日なども対応します。

申請から支給までの流れ

  1. 申請:支援を希望される方は、電話で危機管理課まで申し込んでください。
  2. 受付:危機管理課職員が、申請者へ聞き取り及び支援について説明します。
  3. 決定:支援内容が決定したら、市から申請者へ連絡をします。
  4. 配送:市職員がプライバシー等に十分配慮して、玄関先に品物を「置き配」します。
  • 買物支援については、後日購入代金を納付していただきます。
  • 「置き配」とは、対面での受け渡しをせず、玄関先などに品物を置いて配達する方法です。

受付時間

平日:午前9時~午後5時

申請方法(問い合わせ先)

電話(危機管理課まで申し込んでください)

電話番号:092-580-1966

このページに関する問い合わせ先

危機管理部 危機管理課 危機管理担当
電話:092-580-1966
ファクス:092-573-7791
場所:新館3階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。