メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

トップページ > くらし・手続き > 保険・医療 > 国民健康保険 > 加入・脱退手続き > 市外から転入したときの国民健康保険の加入方法

市外から転入したときの国民健康保険の加入方法

更新日:2020年3月5日

市外から転入したときの国民健康保険の加入方法は次のとおりです。

外国人は、必要なものが異なりますので、 「外国人が国民健康保険に加入・脱退するときの手続き」を見てください。

届出期間

転入した日から原則として14日以内

届出窓口

国保年金課(市役所1階)

届出方法

窓口にて直接

受付時間

月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時まで
第2・第4土曜日 午前9時30分から午後0時30分まで

休日

第1・第3・第5土曜日、日曜日、祝日、12月29日から1月3日まで

必要なもの

  • 旧住所地の転出証明書(ただし、転入届が済んでいる場合は不要)
  • 印鑑
  • 本人を確認できるもの(運転免許証、パスポートなど)
    注:なければ、保険証は簡易書留郵便で大野城市の自宅にのみ郵送
  • 新住所の同一世帯の中にすでに国民健康保険加入者がいる場合には、その国民健康保険被保険者証

代理人(同一世帯の人以外)での申請方法

  • 上記「必要なもの」に加えて、代理人の本人を確認できるものと委任状を持って、来庁してください。
  • 書類の不備などにより国民健康保険被保険者証を窓口交付できない場合は、郵送交付となることがあります。

注意すること

コミュニティセンターや郵送では手続きできません。

このページに関する問い合わせ先

市民福祉部 国保年金課 国保年金担当
電話:092-580-1846,092-580-1847,092-580-1848
ファクス:092-573-8083
場所:本館1階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。