メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

トップページ > くらし・手続き > 保険・医療 > 国民健康保険 > 国民健康保険の給付 > 交通事故のケガを国保で治療するときは

交通事故のケガを国保で治療するときは

更新日:2019年6月21日

交通事故など他の人の行為によって受けたケガの治療代は、本来、加害者が全額負担するものです。
もし、国民健康保険(国保)で治療を受ける場合は、国保で負担した費用を後日加害者に請求しますので、必ず届け出てください。ただし、仕事中の事故などでは、国保を使えないことがあります。入院している人のイラスト

示談は慎重に

加害者から治療代を受け取った場合には、国保で治療を受けることができなくなることがあります。
国保で治療を受けるときは、示談の前に必ず届け出てください。

届出に必要なもの

  • 第三者の行為による傷病届(国民健康保険)
  • 交通事故証明書
  • 国民健康保険証
  • 印鑑
Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページに関する問い合わせ先

市民福祉部 国保年金課 国保年金担当
電話:092-580-1846,092-580-1847,092-580-1848
ファクス:092-573-8083
場所:本館1階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。