コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > くらし・手続き > 保険・医療 > 子ども医療 > 子ども・重度障がい者・ひとり親家庭等医療とほかの公費医療が窓口で併用できます

子ども・重度障がい者・ひとり親家庭等医療とほかの公費医療が窓口で併用できます

更新日:2018年10月01日

平成30年10月1日診療分から、社会保険(職場の健康保険)に加入している人で、他の公費医療(自立支援医療・小児慢性特定疾患等)を持っている人も、医療機関で医療証・受給者証が併用できるようになり、窓口での支払いが限度額までとなります。

注:国民健康保険・後期高齢者医療制度の加入者は、これまでどおり併用できます。
注:福岡県外の医療機関を受診したときは、これまでどおり申請が必要です。

このページに関する問い合わせ先

市民福祉部 国保年金課 国保年金担当
電話:092-580-1846,092-580-1847,092-580-1848
ファクス:092-573-8083
場所:本館1階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。