コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > くらし・手続き > 保険・医療 > 子ども医療 > 子ども医療 令和元年10月から対象年齢を拡大します

子ども医療 令和元年10月から対象年齢を拡大します

更新日:2019年07月25日

拡大対象者

  • 中学生

中学生は「入院」のみ対象でしたが、10月以降受診の「通院」の医療費も対象になります。

注:生活保護・ひとり親家庭等医療・重度障害者医療の受給者を除く。

助成内容

保険が適用された医療費の自己負担額
注:一部窓口負担があります(下表参照)。食事代・保険外の費用を除く。

窓口での負担

 3歳未満3歳~就学前小学生中学生
通院 現行 負担なし 600円/月 1200円/月 助成対象外
(3割負担)
拡大後 負担なし 600円/月 1200円/月
入院 現行 負担なし 500円/日
(月7日限度)

助成を受けるには

医療機関などに健康保険証と一緒に「子ども医療証」を提示
注:県外の医療機関などの場合は、申請により助成額を支給します。
注:重度障害者医療を受給している中学生が入院する際は、「重度障害者医療証」を提示し、差額が生じた場合、市より申請案内を送ります。

子ども医療証の申請

すでに「医療証」を持っている人は、申請は不要です。新しい「医療証」を9月末までに郵送します。
現在、「医療証」を持っていない人は、申請が必要です。次のものを下記送付先まで郵送してください。

  • 子どもの名前が入った健康保険証のコピー、または健康保険の資格取得証明書

注:紙の保険証の場合は、被保険者が記載されている部分(表紙)だけでなく、子どもの氏名・有効期間(資格認定日・資格取得日)が分かる部分を含めてコピーしてください。

送付先

  • 郵便番号:816-8510 大野城市曙町2丁目2-1
  • 大野城市役所 国保年金課 国保年金担当

注:申請日と支給対象期間の関係については、子ども医療費支給制度のページの「支給対象期間」の欄を見てください。郵送の場合は、郵便物が市役所に届いた日を申請日とします。

 注:重度障害者医療を受給している中学生は、窓口で「子ども医療証」を提示する必要がないため、資格の認定のみ行い、医療証は交付しない場合があります。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

市民福祉部 国保年金課 国保年金担当
電話:092-580-1846,092-580-1847,092-580-1848
ファクス:092-573-8083
場所:本館1階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。