コンテンツにジャンプ

トップページ > くらし・手続き > 保険・医療 > 国民健康保険 > 被保険者証(保険証)・高齢受給者証 > 保険証は大切に

保険証は大切に

更新日:2018年12月12日

保険証のイラスト国民健康保険被保険者証は、国民健康保険の資格を証明するもので、医療を受けるための受診券になるものです。

次の点に注意してください。

  • 記載内容の確認をする。
  • 受診の際には必ず持っていく。
  • 医療機関などに預けたままにせず、必ず手元に保管する。
  • 保険証の貸し借りをしない。(保険証の貸し借りをすると法律で罰せられます。)
  • 紛失、破損の場合は再交付の手続きをする。
    保険証を利用して、お金を借りる人もいるようです。紛失の場合は、必ず警察に届け出ましょう。
  • 各種届け出を忘れずに行う。
    職場の健康保険に加入したときや、他の市町村へ転出するときは、必ず保険証を返却してください(資格喪失後である転出日以降に医療機関などで使用した場合、医療機関からの請求があり次第、医療費の返還を求 めます)。

再交付申請

必要なもの

  • 印鑑
  • 本人確認書類

本人確認ができないときや代理人が届け出たときなどは、即日交付ができず、郵送(簡易書留郵便)による再交付となる場合があります。

このページに関する問い合わせ先

市民福祉部 国保年金課 国保年金担当
電話:092-580-1846,092-580-1847,092-580-1848
ファクス:092-573-8083
場所:本館1階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。