コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > くらし・手続き > 年金 > 年金の受給資格期間が短縮されます

年金の受給資格期間が短縮されます

更新日:2017年08月02日

年金を受け取るために必要な期間(国民年金保険料納付済期間、国民年金保険料免除期間、被用者(厚生、共済)年金加入期間)を25年から10年に短縮する法律が、平成29年8月1日に施行されます。
かねてから問題だった無年金者への救済として、年金を受けられる人を増やし、納付された年金保険料をできるだけ受給につなげる観点から短縮するものです。

施行に向けて平成29年2月下旬から7月下旬にかけて、該当者に受給資格期間短縮の請求書が送付されます。

資格期間短縮にあたり、請求できる年金は平成29年8月以降(支給は9月分から)のものです。8月以前に関しては25年の受給資格期間を満たしていなければ請求できません。

 

  • 詳細については厚生労働省および日本年金機構のホームページをご覧ください。

 

 問い合わせ先

  • 日本年金機構ねんきんダイヤル 

 電話番号:0570-05-1165(050で始まる電話でおかけになる場合は、電話番号:03-6700-1165)
 月曜日(月曜日が休日の場合は休日明けの初日)午前8時30分から午後7時
 火曜日から金曜日:午前8時30分から午後5時15分
 第2土曜日 :午前9時30分から午後4時

このページに関する問い合わせ先

市民福祉部 国保年金課 国保年金担当
電話:092-580-1846,092-580-1847,092-580-1848
ファクス:092-573-8083
場所:本館1階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。