コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > くらし・手続き > 年金 > 障害基礎年金の子の加算について

障害基礎年金の子の加算について

更新日:2016年01月22日

障害基礎年金の子の加算は、受給権が発生した時に生計を維持している子がいる場合に行われていましたが、平成23年4月1日から受給権発生後に子を持ち、その子との間で生計維持関係がある場合にも行うことができるようになりました。
また、児童扶養手当は、これまで児童(原則として18歳に達する日以後の最初の3月31日まで)が、父または母に支給される公的年金の加算の対象となっている場合は支給されませんでしたが、児童扶養手当法が改正されたことにより、平成26年12月1日以降は加算額を受給したうえで、加算額と児童扶養手当との差額が支給されるようになりました。(現在、障害基礎年金の子の加算を受給せずに児童扶養手当を受給している場合は、子の加算額を受給する手続きが必要となります。)
受給にはほかにも要件がありますので、詳しくは問い合わせてください。

このページに関する問い合わせ先

市民福祉部 国保年金課 国保年金担当
電話:092-580-1846,092-580-1847,092-580-1848
ファクス:092-573-8083
場所:本館1階

このページに関する問い合わせ先

子育て支援課子育て支援担当
電話番号 092-580-1862、092-580-1863
ファクス番号 092-573-8083
メールアドレス kenkos●city.onojo.fukuoka.jp(●は@に置き換えてください)
場所 市役所 本館1階(郵便番号:816-8510 大野城市曙町二丁目2-1)

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。