コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > くらし・手続き > 年金 > 未届けの第3号被保険者期間がある人へ

未届けの第3号被保険者期間がある人へ

更新日:2015年12月21日

厚生年金や共済組合加入者に扶養されている配偶者で、20歳以上60歳未満の人は、第3号被保険者として国民年金に加入します。
次に該当する人でその当時、第3号被保険者の届け出が漏れていた人は、届け出てください。年金の加入期間に含むには届け出が必要です。

該当する人

昭和61年4月から平成14年3月までに、健康保険を切り替えた人
注:現在は、勤務先を通じ、健康保険の被保険者の手続きと併せて年金も切り替えられています。

届出先

  • 配偶者の現在の勤め先での届け出漏れの場合は事業所
  • 退職や会社が倒産している場合などは南福岡年金事務所

必要なもの

  • 戸籍謄本
  • 住民票
  • 所得証明 など

注:詳しくは、届出先に問い合わせてください。

国民年金受給中の人へ

年金額の変更は、届け出のあった翌月分からとなります。届け出が済んでいない人は、すみやかに被扶養配偶者になっていたときの配偶者の事業所へ届け出てください。また、会社が倒産している場合などで、事業所に届け出ができないときは、南福岡年金事務所に問い合わせてください。

このページに関する問い合わせ先

市民福祉部 国保年金課 国保年金担当
電話:092-580-1846,092-580-1847,092-580-1848
ファクス:092-573-8083
場所:本館1階

このページに関する問い合わせ先

南福岡年金事務所
電話番号 092-552-6128

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。