コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > くらし・手続き > 年金 > 将来受け取る国民年金を増やしたい人へ

将来受け取る国民年金を増やしたい人へ

更新日:2015年12月20日

将来受け取る国民年金を増やしたい人へ国民年金には高齢(特例)任意加入制度があります。
これは、国民年金保険料の未納などで、年金の受給資格期間(25年)そのものを満たしていないときや、受給資格はあるが年金額が満額に満たないので、少しでも満額に近づけたいときの国民年金への加入制度です。
日本国内に住所があれば、60歳の誕生日の前日から加入手続きができます。なお、国民年金保険料の納付は、加入の届け出月分からとなります。

高齢任意加入制度

60歳から65歳までの間に任意で加入して、保険料を納めることができます。

対象者

  • 60歳までに受給資格期間を満たしていない人
  • 20歳から60歳までの強制加入期間に、保険料の未納などがあり、将来受け取る年金額が満額に満たない人

必要なもの

  • 年金手帳
  • 印鑑
  • 口座振込用の通帳と登録印

注:65歳になる前に加入を取りやめたい場合は、市役所の窓口で高齢任意加入脱退の届け出をしてください。

特例高齢任意加入制度

対象者

65歳まで高齢任意加入をしても、受給資格期間を満たしていない人

加入期間

最高70歳まで加入できます。ただし、受給資格期間を満たした時点で終了となります。

必要なもの

  • 戸籍謄本
  • 年金手帳
  • 印鑑
  • 口座振込用の通帳と登録印

このページに関する問い合わせ先

市民福祉部 国保年金課 国保年金担当
電話:092-580-1846,092-580-1847,092-580-1848
ファクス:092-573-8083
場所:本館1階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。