メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

「ヘルプマーク」を知っていますか

更新日:2020年12月21日

「ヘルプマーク」とは障がいのある人、認知症のある人、難病の人などで、手助けが必要であっても「外見では困ってることに気づかれにくい人」、「コミュニケーションがうまくできずに、なかなか伝えられない人」が身に付けておくことで、周囲の人が困っていることにすぐに気づくことができるようにするものです。

ヘルプマーク

ヘルプマーク

この「ヘルプマーク」には、その人が手伝ってほしいことが書かれています。街で「ヘルプマーク」を見につけた人が困っているように感じたら、ぜひ手助けをお願いします。

利用対象者

障がいのある人、認知症のある人、難病の人など、周囲のお手伝いが必要な人ならだれでも利用できます。

配布方法

  • 配布窓口(福祉課窓口(市役所1階))で「ヘルプマーク申込書(WORD:26.4KB)」を提出してください。
  • 無償で配布しますが、一人につき1個までです。
  • 配布に当たり、障害者手帳、身分証明書などの提示や写しの添付は不要です。
  • 家族や支援者などの代理人による受取りも可能です。
  • 福岡県内に住んでいる人の申請に限ります。

配布窓口

  • 県庁障がい福祉課
  • 各市町村の福祉担当課

このページに関する問い合わせ先

市民福祉部 福祉課 障がい福祉担当
電話:092-580-1852,092-580-1853
ファクス:092-573-8083
場所:本館1階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。