コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > 健康・福祉・介護 > 福祉 > その他の福祉 > 若年者専修学校等技能習得資金貸与

若年者専修学校等技能習得資金貸与

更新日:2018年03月29日

若年者専修学校等技能習得資金のイラスト

対象者

技能を修得したいという意欲がありながら、経済的な理由により専修学校などで修学することが困難で、次の要件に全てあてはまる人

  • 中学校、義務教育学校、高等学校もしくは中等教育学校の新規卒業者(中等教育学校の前期課程を修了した人を含む)
  • 高等学校もしくは中等教育学校の後期課程を中退した人
  • 専修学校などの、職業に必要な技能および知識の習得を目的とする学科に在学する人
  • 同種の資金の給付または貸与を受けていない人
  • 修学資金の貸与を過去に受けていない人

 

対象学校

専修学校

  •  専門課程(修業年限1年以上2年未満のものに限る)
  •  高等課程(修業年限1年以上)

注:修業年限2年以上の学科については技能重視の学科のみ実施

  •  一般課程(修業年限1年以上)

各種学校(修業年限1年以上)
 注:職業に必要な技術・技能の習得を目的とした学科に限る
 
  平成30年度 若年者専修学校等技能習得資金貸与事業対象校名簿(PDF:202KB)
 

収入基準

次のいずれかに該当する世帯が対象です

  • 生活保護法に基づく保護を受けている世帯
  • 地方税法の規定により市町村民税が非課税とされている世帯
  • 地方税法の規定により市町村民税が減免されている世帯
  • 世帯の収入が生活保護基準額の1.5倍以下の世帯

貸与額

  • 修学資金(月額) 専門課程:53,000円 その他課程:30,000円
  • 入学支度金 100,000円
     

貸与期間

専修学校などの正規の在学期間(留年不可)
 

利子

無利子
連帯保証人 1人(申請者が未成年のときは親権者または後見人)
 

返還期間および返還方法

月賦・半年賦・年賦のいずれかで、卒業の6カ月後から在学期間の3倍の期間内に返還
(ただし、最長12年以内)

返還免除について

次の場合、貸与額の返還を免除することがあります

  • 資金の貸与を受けた人が、死亡したとき
  • 資金の貸与を受けた人が、精神もしくは身体の障がいにより労働能力を喪失し、技能習得資金を返還することができなくなったとき

返還猶予について

次の場合、貸与額の返還を猶予することがあります
  • 災害または傷病等により返還期日までに返還することが困難と認められるとき
  • 高等学校、専修学校もしくは大学等に在学するとき
  

申込方法

貸与申請書と世帯調書(いずれも申込先で配布)、および在学証明書を提出してください。
 

申込期間

平成30年4月2日(月曜日)から平成30年4月27日(金曜日)まで

添付ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

市民福祉部 福祉課 地域福祉担当
電話:092-580-1851
ファクス:092-573-8083
場所:本館1階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。