メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

トップページ > 健康・福祉・介護 > 食生活・食育 > 食育コラム > 日本型食生活 バランスの良い食事は一汁三菜

日本型食生活 バランスの良い食事は一汁三菜

更新日:2018年7月20日

日本では昔から稲が栽培され、米を食事の中心としてきました。伝統的な食事では、主食は主に米であり、これは変化しません。一方、主菜・副菜は、種類が豊富な野菜や魚を使い変化に富んでおり、主食とは対照的となっています。米には炭水化物が多く含まれている上、体をつくるもととなるたんぱく質はパンに比べて質のよいもの(必須アミノ酸が多い)が含まれています。

一汁三菜について

日本料理の古い形式のひとつに「一汁三菜」があります。

一汁三菜の模式図

現代の食事に置き換えても、主食(ご飯・パン・麺など)+汁物+主菜(魚・肉・卵・大豆など)+副菜・副々菜(野菜・きのこ・海藻・いもなど)の組み合わせで、栄養のバランスがとりやすくなっています。ごはんにかかせない味噌汁は大豆からできており、ご飯と一緒に食べるとより栄養のバランスがとれます。また、主食+汁物+主菜+副菜の4品で、一汁二菜と言われることもあります。
日本は世界一の長寿国。日本型食生活は健康によいと海外でも評価されています。

一汁三菜の組み合わせ

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページに関する問い合わせ先

長寿社会部 すこやか長寿課 健康長寿担当
電話:092-501-2222
ファクス:092-584-5656
場所:すこやか交流プラザ
住所:〒816-0932 福岡県大野城市瓦田四丁目2-1

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。