コンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・福祉・介護 > 予防接種・感染症 > 新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症について

更新日:2020年03月29日

感染が県内すべての地域に広がっています。引き続き、手洗いや咳エチケットに努め、落ち着いて行動してください。

特に、集団感染のリスクを高める3条件、「密閉」、「密集」、「密接」が同時に重なることを、一人一人が回避するようお願いします。

そして、人込みを避けるなど、不要不急の外出は控えてください。


ページ内メニュー

ページ外リンク

市民向け

イベントの中止・休館情報

児童・生徒向け

事業者向け


令和2年2月20日、福岡県内ではじめて、新型コロナウイルス感染症の患者の発生事例が報告されました。本市としては、引き続き、市民の皆さんへの情報提供と、相談対応を徹底してまいります。

新型コロナウイルス感染症とは

ウイルス性の風邪の一種です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える人が多いことが特徴です。
感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)といわれています。
新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染によりうつるといわれています。

飛沫感染 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、ほかの人がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
接触感染 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。ほかの人がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので注意しましょう。
特に高齢者や基礎疾患のある人は重症化しやすい可能性が考えられます。

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安(厚生労働省ホームページ 外部サイトにリンクします)

市民の皆さんへ

日常生活で気を付けること

  • 手洗いをこまめに行い、咳エチケットを実践しましょう。
  • 持病がある人や高齢者は、人ごみの多い場所を避けるなど、より一層注意しましょう。
  • 発熱等の風邪の症状が見られたら、学校や会社を休んでください。
  • 発熱等の症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。

医療機関の受診に関する相談

次の症状がある場合は、「帰国者・接触者相談センター」に相談してください。

  • 風邪の症状や37度5分以上の発熱が4日以上(高齢者や基礎疾患等がある人2日程度)続いている (解熱剤を飲み続けなければならないときを含む)
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある
センターでの相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いがある場合には、「帰国者・接触者外来」を紹介します。
マスクを着用し、公共交通機関の利用は避けて、受診してください。

相談窓口

  • 筑紫保健福祉環境事務所「帰国者・接触者相談センター」
    電話番号:092-707-0524(平日 午前8時30分~午後5時)
  • 福岡県保健所緊急連絡番号
    電話番号:092-471-0264(夜間、土・日曜日・祝日)

その他の一般的なことに関する相談

      • 福岡県がん感染症疾病対策課
        電話番号:092-643-3288
        ファクス番号:092-643-3331
        受付時間:午前8時30分~午後5時(平日)
      • 厚生労働省電話相談窓口
        電話番号:0120-565653(フリーダイヤル)
        ファクス番号:03-3595-2756
        受付時間:午前9時~午後9時(土・日曜日・祝日も実施)
      • 外国語で相談する場合の電話相談窓口

  Novel Coronavirus(2019-CoV)advice for the public(external link)

      • 福岡アジア医療サポートセンター(医療に関する外国語対応コールセンター)
        電話番号:092-286-9595
      • ふくおかよかとこコールセンター(外国人観光客向け多言語対応コールセンター)
        電話番号:092-687-6639
      • 新型コロナウイルス感染症の相談窓口ポスター

感染症予防チラシ

マスクについてのお願い

不当な差別などの防止

新型コロナウイルスに感染した人が国内でも相次いで確認される中、感染者や中国籍の人などに対する誹謗中傷や心無い書き込みがSNSなどで広がっています。また、感染者の治療にあたっている医療関係者やその家族などが差別にあった、との報道もされています。 新型コロナウイルス感染症に関連して、誤った情報による不当な差別、偏見、いじめなどがあってはなりません。人権侵害につながることがないよう、冷静な行動をお願いします。

医療機関の皆さんへ

新型コロナウイルス感染症が疑われる人を診療した際には、院内での感染対策を徹底し、管轄の保健所に連絡してください。

新型コロナウイルス感染症に対する対応と院内感染対策(国立感染症研究所、国立国際医療センター国際感染症センター)(PDF:1,040KB)

事業所の皆さんへ

事業所の清掃・消毒の方法として、「事業者・職場における新型インフルエンザ等対策ガイドライン(抜粋)」を紹介します。職場での感染対策に努めましょう。

事業者・職場における新型インフルエンザ等対策ガイドライン(厚生労働省ホームページ 外部サイトにリンクします)

職場での清掃・消毒

職場での接触感染防止のため、必要に応じ、職場の清掃・消毒などを行う。
人がよく触れる可能性があるところは、通常の清掃に加えて、水と洗剤を用いて拭き取り清掃する。

具体例

机・ドアノブ・スイッチ・階段の手すり・テーブル・椅子・エレベーターの押しボタン・トイレの流水レバー・便座など
最低1日1回は行うことが望ましい。消毒や清掃を行った時間を記し、掲示する。

他にも、感染対策のマニュアル及びガイドラインのリンク先を載せていますので、参考にしてください。

感染拡大を防止するために

福岡県内(福岡市)で新型コロナウイルスの感染が確認されています。感染拡大を防止するため、イベント開催または中止等の判断基準を定めました。

1.市主催のイベントの中止(延期も含む)の判断基準

 以下のいずれかに該当する場合には、原則として中止または延期します。

          • 多数(おおむね100人以上)の参加のもの
          • 高齢者が多数参加するもの
          • 基礎疾患のある方が多数参加するもの
          • 屋内密室で大人数での飲食を伴うもの

注:市内小中学校の場合、特定の児童生徒、教員、保護者が主な参加者となるため、別途検討します。

2.イベントを開催する場合の留意点

          • 事前に風邪などの症状がある人の出席を控えていただくように徹底すること
          • 会場で症状がある人は参加をご遠慮していただく旨説明すること
          • 会場において、念のための咳エチケット(マスク着用(各々準備)、ハンカチや腕等で押さえる)の周知をすること
          • イベント前後の手洗いを徹底すること
          • お互いの距離が十分取れて、開催時間を短くすること

なお、当該判断基準の適用期間は、2月21日~3月31日としますが、感染状況に応じては延長します。

家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント~

  • 部屋を分けましょう
  • 感染者のお世話はできるだけ限られた方で
  • マスクをつけましょう
  • こまめに手を洗いましょう
  • 換気をしましょう
  • 手で触れる共有部分は消毒しましょう
  • 汚れたリネン、衣服を洗濯しましょう
  • ゴミは密閉して捨てましょう

ご家族に新型コロナウイルス感染が疑われる場合 家庭内でご注意いただきたいこと~8つのポイント~【リーフレット】(PDF:955KB)

集団感染を防ぐため、3つの「密」を避けて行動しましょう【3月27日更新】NEW!

  1. 換気の悪い密閉空間
  2. 多数が集まる密集場所
  3. 間近で会話や発声をする密接場面

密を避けて外出しましょう イラスト

国の情報

厚生労働省

外務省

中国への渡航を予定している人は、外務省の海外安全ホームページを確認してください。

中国における新型コロナウイルスの発生(外部サイトにリンクします)

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

長寿社会部 すこやか長寿課 健康長寿担当
電話:092-501-2222
ファクス:092-584-5656
場所:すこやか交流プラザ
住所:〒816-0932 福岡県大野城市瓦田四丁目2-1

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。