メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

トップページ > 健康・福祉・介護 > 予防接種・感染症 > 児童福祉施設等の職員の麻しん予防接種費用を助成します

児童福祉施設等の職員の麻しん予防接種費用を助成します

更新日:2020年6月5日

児童福祉施設等の職員は、麻しんに対する免疫がない乳児と接する機会があるため、特に注意が必要であり、予防接種を2回接種することが推奨されています。
市では、乳幼児への麻しんの感染拡大を防止するため、児童福祉施設などに対し、職員の麻しん予防接種費用の助成を行ってます。

対象施設(市内に限る)

  • 幼稚園
  • 認定こども園
  • 保育所
  • 地域型保育事業所
  • 届出保育所
  • 児童発達支援事業所 など

注:市外の対象施設に勤めている人は、勤め先もしくは勤め先のある市町村に問い合わせてください。

対象者

  • 対象施設において乳幼児と接する職員

注:次のいずれかに該当する人は対象になりません。

  • 麻しん予防接種を2回受けた人(麻しんワクチン、麻しん風しんワクチン(MR)、麻しん・おたふくかぜ・風しん混合ワクチン(MMR)などの予防接種)
  • 麻しんに罹患したことが明らかである人

予防接種制度上の年齢別接種回数

 麻しん

対象予防接種

令和2年4月1日以降に接種した、麻しん予防接種または麻しん風しん混合(MR)予防接種  

申請方法

各施設ごとにとりまとめて申請を受け付けます。
注:個人では申請できません。

補助金額

予防接種費用(一人あたり 上限10,000円)

このページに関する問い合わせ先

長寿社会部 すこやか長寿課 健康長寿担当
電話:092-501-2222
ファクス:092-584-5656
場所:すこやか交流プラザ
住所:〒816-0932 福岡県大野城市瓦田四丁目2-1

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。