コンテンツにジャンプ

トップページ > 健康・福祉・介護 > その他の福祉 > 高齢者福祉 > 生活支援体制整備事業 > 生活支援コーディネーターとは

生活支援コーディネーターとは

更新日:2019年12月26日

多様な生活支援・介護予防サービスが利用可能な地域づくりを行っていくために、ボランティア等の生活支援の担い手の養成・発掘などの「地域資源」の開発や、そのネットワーク化などを行うのが、生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)の役割です。

本市では、市基幹部および4地区コミュニティにおいて、コーディネーターを以下のとおり配置しています。

生活支援コーディネーターの配置状況

場所人数
市地域包括支援センター 2人
市社会福祉協議会 1人
南地区地域包括支援センター
(済生会)
1人
中央地区地域包括支援センター
(悠生会)
1人
北地区地域包括支援センター
(仁風会)
1人
東地区地域包括支援センター
(悠生会)
1人

なお、4地区の生活支援コーディネーターは、各地区地域包括支援センターに所属しています。

高齢者と生活支援コーディネーターのイラスト
 

関連記事

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

長寿社会部 すこやか長寿課 地域包括支援センター担当
電話:092-501-2306
ファクス:092-572-8432
場所:本館2階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。