コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > まち・環境 > コミュニティ > 暮らしの中のちょっとした困り事を解決しませんか(使ってバンク「暮らしのサポート事業」)

暮らしの中のちょっとした困り事を解決しませんか(使ってバンク「暮らしのサポート事業」)

更新日:2019年06月13日

この事業は、暮らしの中で困っていることがあって、誰かの助けがほしい人と困っている人を助けたい人をつなぎ、地域の中で支えあいを行う事業です。
各コミュニティセンター内にあるパートナーシップ活動支援センターが実施しています。
それぞれのパートナーシップ活動支援センターには、担当職員が配置されていますので、お気軽にご相談ください。

バンクフロー(横書き)  

 

  • おタスケさん_利用者

≪利用対象となる人≫
大野城市に居住されている人で、日常生活の自分では解決できない、ちょっとしたお困りごとを抱えている人が対象です。年齢、障がいの有無は問いません。
ちょっとしたお困りごとで、目安とし10~30分程度で解決できる内容です。

利用が多い困りごと
 ごみ出し(可燃・不燃・粗大)、布団干し、電球交換、買い物代行、庭の散水、家具の移動など

 

  • 担当職員

≪担当職員≫
お困りごとの相談を受けて、依頼内容の詳細を聞き取ります。
依頼を受けておタスケさん(ボランティア)との調整を行います。
ボランティアで対応できないことは、既存のサービスや適切な機関につなぎます。
おタスケさん(ボランティア)の登録やお困りごとを抱える方とのコーディネートを行います。

 

  • ボランティア(おタスケさん)

≪おタスケさん(ボランティア)≫
利用者の自宅などに行き、実際に活動してください。

  • 利用者(活用後)

≪おタスケさん活動後≫
利用者は、お手伝いのお礼に『ありがとう券』を使用します。
1枚=1タスケ(100円)です。
利用の際は、事前にこの券の準備が必要です。ありがとう券は各パートナーシップ活動支援センターで取り扱っています。
ありがとう券の必要枚数は依頼内容に応じて変わります。なお、材料費等の実費代は利用者で負担してください。 

 

おタスケさんも随時募集中!

対象者 

  • 誰かの力になりたい人
  • 自分の空いた時間を利用して何か手助けしたい人
  • この事業に賛同し、手伝いをしてくれる人
    (大野城市外に住んでいる人も含みます。)

活動方法

活動するためには、事前に登録する必要があります。登録は、個人登録または団体登録でも可能です。(登録証を登録後に発行します

登録料

  • 個人登録 300円
  • 団体登録 500円 (活動を希望する団員は、別途100円が必要です。)

活動によって利用者から受け取ったありがとう券は、ご自身のお困りごとを解消する際に使用することができます。 また、所定の枚数を貯めると、大野城市指定家庭専用もえるごみ袋45ℓなどと交換することが出来ます。

 

問い合わせ先

問い合わせ時間

  • 午前9時から午後5時まで
    (休館日(毎月第3火曜日)、12月28日~1月4日を除く)

申し込み先と問い合わせ先(使ってバンク専用)

  • 南パートナーシップ活動支援センター(南コミュニティセンター内)   092-595-6232
  • 中央パートナーシップ活動支援センター(中央コミュニティセンター内) 092-516-6946
  • 東パートナーシップ活動支援センター(東コミュニティセンター内)   092-515-9231
  • 北パートナーシップ活動支援センター(北コミュニティセンター内)   092-504-4833

 

このページに関する問い合わせ先

地域創造部 中央地域行政センター 地域づくり・サービス担当
電話:092-573-3151
ファクス:092-573-3154
場所:中央コミュニティセンター
住所:〒816-0942 福岡県大野城市中央一丁目5-1

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。