コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > 大野城市の紹介 > 大野城心のふるさと館 > 大野城心のふるさと館開館PR動画制作業務

大野城心のふるさと館開館PR動画制作業務

更新日:2017年10月05日

1 業務内容

  1. 業務名:大野城心のふるさと館開館PR動画制作業務
  2. 履行場所:大野城市役所庁舎内
  3. 履行期間:契約の翌日から平成30年2月28日まで
  4. 業者選定方法:公募型プロポーザル方式による随意契約

2 予定価格

  2,380,000円(消費税及び地方消費税を除く)

3 最低制限価格

  なし

4 参加資格要件

 本プロポーザルに参加できる者は、次の各号に掲げる資格要件のすべてを満たすものとする。また、本プロポーザルには、他者と企業体を組んで参加することができるものとする。ただし、一つの企業が複数の企画提案に参加することはできない。共同企業体による場合は、代表者が(1)から(7)の要件を満たし、(8)については、共同企業体の実績を合算することも可とする。なお、共同企業体の構成員の出資比率及び代表者の選定については、大野城市共同企業体運用要綱(平成5年要綱第18号)の規定を準用する。 なお、(2)の要件を満たしていない場合は、本市所定の資格審査を受け、承認を得ることで参加資格を認める。   

(1)大野城市競争入札参加資格等に関する規程(平成7年規程第1号)第3条各号のいずれにも該当しないこと。
(2)平成29・30年度の有資格者名簿(大野城市競争入札参加資格等に関する規程第7条に規定するものをいう。)に登載されていること。
(3)会社更生法(平成14年法律第154号)に基づき、更生手続開始の申立がなされていないこと。
(4)民事再生法(平成11年法律第225号)に基づき、再生手続開始の申立がなされていないこと。
(5)プロポーザル参加申込書(様式第1号)の提出期限から受託候補者特定の日までにおいて、大野城市指名停止等の措置に関する規則(平成19年規則第23号)に基づく指名停止を現に受けていないこと。
(6)大野城市暴力団排除条例(平成22年条例第12号)第2条第1項に規定する暴力団(以下「暴力団」という。)、同条第2号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)、暴力団若しくは暴力団員と密接な関係を有するもの又は暴力団員が役員となっている法人その他の団体でないこと。
(7)法人であること。
(8)過去3年以内に、PR動画やDVD等の映像制作等の類似業務における実績を3件以上有すること。

5 募集要領等の配布

  1. 募集要領等の配布期間
    平成29年9月28日(木曜日)から平成29年10月23日(月曜日)午後5時まで 
  2.  配布資料等

  ア.大野城心のふるさと館開館PR動画制作業務プロポーザル募集要領
  イ.大野城心のふるさと館開館PR動画制作業務仕様書
  ウ.大野城心のふるさと館開館PR動画制作業務評価内容・配点表
  エ.様式集(様式第1・2・3・5・7・8・9・10号(Word)ふ施様式第1・ 2号(Excel))
       (様式第1・2・3・5・7・8・9・10号(PDF)ふ施様式第1・ 2号(PDF)

 6 参加申込書等の提出期限

  1. 期限:平成29年10月23日(月曜日)午後5時まで
  2. 提出場所:大野城市地域創造部ふるさとにぎわい課
  3. 提出方法:持参のみ(郵送は不可

7 問い合わせ先

 大野城市地域創造部 ふるさとにぎわい課 ふるさと施設担当
  〒816-8510 福岡県大野城市曙町2丁目2番1号
  電話番号:092-580-1997(直通)
  E-mail:rekishi●city.onojo.fukuoka.jp(●は@に置き換えてください)

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。