メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

家屋調査へのご協力のお願い

更新日:2021年7月30日

市では、課税対象となる家屋の評価額を算出するため、地方税法の規定に基づき、市税課固定資産税担当職員が、家屋調査にお伺いします。

家屋調査の対象となる家屋を所有する人には、事前に手紙でお知らせをします。皆さんの、ご理解とご協力をお願いします。

家屋調査のお願いまでの流れ

  1. 市が、航空写真や不動産登記などにより課税対象となる家屋の完成を確認
  2. 当該家屋を所有する方へ、家屋調査のお願いについての手紙を発送
  3. 電話や市ホームページからの予約により日程調整をさせていただき、家屋調査を実施

家屋調査の内容

対象家屋に使用されている資材や設備などを確認します。

調査では、家屋の外観写真の撮影を行いますので、ご了承ください。家屋の内部の調査においては、すべての部屋(収納含む)に職員が立ち入り調査を行いますが、不都合などがある場合は、職員に声をかけてください。

注:新型コロナウイルス感染症の影響により、現在、家屋内部の立ち入り調査は原則行っておりません。それに伴い、当日立ち会っていただく人に対し、家屋内部の資材の聞き取りや、設備の計測などへのご協力をお願いしています。詳しくは「家屋の内部調査のご協力のお願い(PDF:439KB)」をご覧ください。

準備いただくもの

  • 印鑑(認印)
  • 家屋図面(平面図、立面図、仕上表、設備表、矩計図)
  • 長期優良住宅認定書(長期優良住宅の場合のみ)

 注:調査対象家屋の図面(平面図等)を借用し、コピーさせていただきますのでご了承ください。

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページに関する問い合わせ先

総務部 市税課 固定資産税担当
電話:092-580-1829
ファクス:092-592-6286
場所:本館1階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。