メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

トップページ > くらし・手続き > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 固定資産税・都市計画税についてのお知らせ > 土地・家屋の用途変更、または家屋を増築、取り壊した場合は連絡を

土地・家屋の用途変更、または家屋を増築、取り壊した場合は連絡を

更新日:2019年8月21日

固定資産税は毎年1月1日時点の土地や家屋の現況によって課税されます。次のような場合は、税額の計算方法が変わることがありますので連絡してください。

土地・家屋の用途を変更したとき

  • 賃貸駐車場への変更
  • 店舗から住宅
  • 住宅から事務所
  • 住宅の敷地の拡張 など

家屋を増築または取り壊したとき

注:登記した家屋で、12月末までに法務局で滅失の登記をした場合を除く。

 

固定資産税の課税明細は大切に

固定資産課税資産明細書は、納税通知書(4月上旬発送)にとじ込んで送ります。
課税資産明細書には、土地や家屋の物件ごとの所在地・評価額・税相当額などの課税内容を記載しています。
所得税などの確定申告時に、事業の経費などの資料として使用できます。
工務店イラスト

このページに関する問い合わせ先

総務部 市税課 固定資産税担当
電話:092-580-1829
ファクス:092-592-6286
場所:本館1階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。