コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > くらし・手続き > 税金 > 税などについてのお知らせ > 平成30年度(平成29年分)の税の申告について

平成30年度(平成29年分)の税の申告について

更新日:2017年12月27日

市役所での申告

所得税の確定申告

受付期間

平成30年2月16日(金曜日)~平成30年3月2日(金曜日)

  • 昨年と受付期間が変更になっていますので注意してください。
  • 土曜日・日曜日は除く。

受付時間

午前9時~午後3時30分

受付場所

大野城市役所 新館4階 426会議室

対象者

次のすべてに該当する人

  • 65歳以上
  • 収入が給与・公的年金のみ

注意事項

  1. 3月2日の申告受付終了後は市役所で確定申告を受け付けることはできません。
  2. 申告内容によって順番が前後する場合があります。
  3. 市役所では確定申告書の控えには受付印は押せません。
  4. 混雑が予想されますので、時間に余裕を持って来庁してください。

市・県民税の申告

受付期間

平成30年2月16日(金曜日)~平成30年3月15日(木曜日)
 所得税の確定申告の受付期間と異なりますので注意してください。

受付時間

午前9時~午後3時30分

受付場所

大野城市役所 新館4階 426会議室 

市県民税の申告が必要な人

  1. 平成30年1月1日現在、大野城市に住んでいる人で、平成29年中に所得があった人。
  2. 国民健康保険に加入している世帯の世帯主および後期高齢者医療保険に加入している人。(申告がなければ、正しい算定ができない場合があります)
  3. 所得証明書など税証明が必要な人。また、医療・福祉などの各軽減措置制度を利用される人。

次に該当する方は申告の必要はありません。

  1. 確定申告書を提出する人
  2. 所得が給与のみで事業所から給与支払報告書が提出されている人
  3. 所得が公的年金(遺族年金・障害年金は除く)のみの人

注:2,3の場合でも、医療費控除などの各種控除を受けようとする場合は申告が必要です。

年金所得者の確定申告不要制度

公的年金等の収入金額が400万円以下で、かつ、公的年金等に係る雑所得以外の各種所得金額が20万円以下である場合には、確定申告は必要ありません。ただし、所得税の還付を受けるためには確定申告をする必要があります。
また、確定申告不要制度により所得税の確定申告をしなかった場合でも、市県民税に医療費控除等の各種控除を適用させる場合には、市県民税の申告が必要です。

このページに関する問い合わせ先

総務部 市税課 市民税担当
電話:092-580-1827,092-580-1828
ファクス:092-592-6286
場所:本館1階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。