メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

トップページ > くらし・手続き > 税金 > 税などについてのお知らせ > 市・県民税(個人住民税)の特別徴収推進

市・県民税(個人住民税)の特別徴収推進

更新日:2019年11月25日

大野城市を含めた県内全ての市町村で、平成29年度から給与所得者は原則として特別徴収(市県民税の給与からの天引き)を徹底することとなりました。
個人住民税の特別徴収とは、所得税の源泉徴収と同様に、給与支払者である事業主が、従業員に支払う毎月の給与から市県民税を差し引き、納税義務者である従業員に代わって市町村に納入する制度です。
原則、すべての従業員が対象ですが、一定の基準に該当し、かつ、特別徴収が困難な場合は、給与支払い報告書を提出する際に「普通徴収申請書」による手続きを行うことで、特別徴収を行わないこともできます。
詳しくは、県ホームページ「個人住民税 特別徴収推進のひろば」を確認してください。

福岡県ホームページ 個人住民税 特別徴収推進のひろば(外部サイトにリンクします)

各種申請書

Get Adobe Acrobat Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

このページに関する問い合わせ先

総務部 市税課 市民税担当
電話:092-580-1827,092-580-1828
ファクス:092-592-6286
場所:本館1階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。

市・県民税(個人住民税)の特別徴収推進を徹底します