メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

トップページ > 市政情報 > 市の財政 > 令和元年度決算報告/特別会計

令和元年度決算報告/特別会計

更新日:2020年11月13日

国民健康保険や介護保険など、特定の収入で特定の事業を行う場合に設ける会計です。令和元年度は、5会計がありました。

区分歳入歳出収支
国民健康保険 84億2,860万9千円 84億1,392万5千円 1,468万4千円
介護保険
(保険事業勘定)
57億3,134万円 56億301万9千円 1億2,832万1千円
介護保険
(サービス事業勘定)
2,942万6千円 874万8千円 2,067万8千円
後期高齢者医療 13億502万1千円 12億8,247万4千円 2,254万7千円
公共用地先行取得 0千円 0千円 0千円
土地区画整理清算金 21万6千円 21万6千円 0千円
合計 154億9,461万2千円 153億838万2千円 1億8623万円

国民健康保険特別会計

国民健康保険特別会計は、国民健康保険(国保)の運営に関する収入および支出の会計です。

歳出は、国保加入者の医療費の支払いや、医療費に必要な財源を受けるための県への事業納付金、特定健診の費用などがあります。
歳入は、国保加入者が納付した国民健康保険税、国や県からの補助金・交付金などを受け入れている支出金のほか、市からの財政支援を行うことにより収支を維持しています。

歳出

区分金額構成比
保険給付費 58億670万4千円 69.0%
事業費納付金 23億6,796万4千円 28.2%
諸支出金 6,107万6千円 0.7%
総務費 1億2,009万7千円 1.4%
保健事業費 5,808万3千円 0.7%
共同事業拠出金 1千円 0.0%
84億1,392万5千円 100.0%

歳入

区分金額構成比
県支出金 59億6,943万1千円 70.8%
国民健康保険税 16億2,267万5千円 19.3%
繰入金 7億1,130万6千円 8.4%
諸収入 8,206万7千円 1.0%
繰越金 3,589万5千円 0.4%
国庫支出金 723万5千円 0.1%
84億2,860万9千円 100.0%


  

国保財政の状況

国保は、自営業の人や職場の社会保険に加入していない人が加入する健康保険で、病気やけがをしたときに安心して医療が受けられるように、加入者全員で国民健康保険税を出し合い、お互いに助け合う制度です。

国保から支出した費用の大部分は、国保加入者の医療費(保険給付費)が占めており、その額は加入者1人当たり年間31万円となっています。また、一般会計からの繰入金7億1130万6千円のうち、1億1千万円は歳入不足を補うために行いました。

被保険者1人あたりの医療費は、医療技術の高度化や高齢化などにより増加し続けています。
また、加入者の減少に伴い収入も減少しており、赤字財政が続いています。令和2年度に国保税を改定しましたが、今後も厳しい財政状況が続く見込みです。
現在、特定健診の受診率や収納率の向上、医療費適正化などに取り組んでおり、税率改定を含めた財政運営の見直しを行っています。
今後も安定的な財政運営のため、皆さんの理解と協力をお願いします。

このページに関する問い合わせ先

総務部 財政課 財政担当
電話:092-580-1821
ファクス:092-573-7791
場所:本館3階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。