コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > くらし・手続き > 男女共同参画 > イベント・募集 > 公開講座 先駆者たちから学ぶ。事業運営の軌跡と可能性「一時保育へのこだわりがママを救う」

公開講座 先駆者たちから学ぶ。事業運営の軌跡と可能性「一時保育へのこだわりがママを救う」

更新日:2017年10月12日

日時
平成29年10月23日(月曜日) 午前10時から午後0時まで(開場午前9時40分)
場所
まどかぴあ 小ホール

家庭などで保育や育児をする人たちは、仕事と子育ての両立が難しいと悩み、育児ノイローゼや虐待など深刻な問題になることもあります。そのような事態を防ぎ、仕事や自己啓発、リフレッシュに集中できるオープンなワークスペース(託児付コワーキングスペース)をつくる必要性や方法について学ぶ講座(計6回)の中の2回目です。
コワーキングスペースでは、育児中の人でも子どもから離れて仕事や自己啓発、リフレッシュに専念でき、参加者同士で自由にコミュニケーションしながら、互いに自分を高めあう場になることが期待されます。
 
平成29年度福岡県「女性による元気な地域づくり応援講座事業」に採択された講座事業「わたしを活かす場を作る。託児付コワーキングスペースを生み出す学びの6ヶ月」の公開講座です。女性活躍推進に取り組む団体「ままいる」、大野城まどかぴあ男女平等推進センター アスカーラ、大野城市で構成する「コワーキングラボおおのじょう実行委員会」が連携し、地域での女性の活動を活性化させることを目的として開催するものです。
    

対象者

事業運営や一時保育サービス、託児付コワーキングスペースなどに興味がある人

(注)公開講座のみ参加の場合、託児はありませんが、子連れでも参加できます。

講座内容

「ちょっとだけママを休もう」をコンセプトに、託児付コワーキングスペースとしても機能するマミースマイル保育園。一時保育にこだわった保育事業を実現した経緯をお話しします。

講師

株式会社マミースマイル代表取締役 雁瀬暁子さん

講師の紹介

専業主婦として幼い年子の姉弟を育てる中で、母親が孤独な子育てを強いられる社会環境が抱える課題に気づき、2007年「専業主婦のための保育園・マミースマイル」を開業。年間延べ2000人の育児中の母親と接し、育児や夫婦関係・再就職や仕事との両立の悩みなどの相談に応じる中で、ダイバーシティ&インクルージョンの必要性を感じている。

定員

40人 

申込方法

電話、メール、インターネットのいずれかの方法により、必要事項(氏名、メールアドレス、電話番号、講座名)を伝える

申込先

ままいる 三好
電話番号:080-1728-2560
メール:mamaile.smile●gmail.com(●は@に置き換えてください。)
ウェブサイト:ままいるホームページ(外部サイトにリンクします)

添付ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

企画政策部 人権男女共同参画課 人権・男女共同参画担当
電話:092-580-1840
ファクス:092-573-7791
場所:新館2階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。