メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

トップページ > くらし・手続き > 男女共同参画 > DV防止 > 配偶者の暴力に悩んでいませんか

配偶者の暴力に悩んでいませんか

更新日:2019年6月5日

DVと人権

女性イラストDV(配偶者や恋人からの暴力)に関する相談件数が各機関で増加しています。また、警察庁によると、DVによる殺人や傷害事件などの重大犯罪に至るケース、摘発件数も急増しています。
以前は、DVは、夫婦げんか、家庭内の問題、個人の問題などとして見過ごされてきました。
しかし、現在は違います。人権を侵す行為として、大きな社会問題である、という認識が高まっています。
パートナーのストレスのはけ口が暴力だとしたら…。それは、あなたが殴られる正当な理由でしょうか。

「ジェンダー」に根ざすDV

男性は少し乱暴なくらいが男らしい、と容認され、女性は男性に従順であるべきで、自分の意見を言うのは生意気で女らしくない、と制約を受ける・・・。身の周りには、こうしたジェンダーにとらわれた社会的風潮が根強く残っています。
幼いころからこのような「男性が主、女性が従」という権力構造の中に組み込まれてしまうと、自分の人権が侵されている、あるいは他人の人権を侵していることに気づきにくいものです。男性は、「言うことを聞かない」、「口答えした」など、女性が思いどおりならないことに腹を立てて、「犯罪加害者」という自覚がないまま、暴力をふるっていないでしょうか。

シェルターって?

「DVにあったら、まず逃げなさい。」という忠告。これは、DVが日常生活の中で繰り返し行われることが特徴であるため、まず、その習慣を断ち切る必要性からきています。
しかし、DVの被害者には、身を寄せられる親しい友人などがいないことが少なくありません。そこでシェルター、つまり保護を受けることのできる施設、現代版駆け込み寺が必要なのです。
DVは、加害者が執ように追いかけて来るという意味でストーカー的要素を含みます。ですから、被害者が身を隠すためのシェルターは、いつまでも多くの人に利用してもらうために、その所在を明らかにできません。場合によっては、身ひとつで飛び出してきて、前夜は外で過ごした、などという被害者もいます。被害者の人柄や年齢、学歴、職業、収入の差などに関係なくDVは起こります。「自分の力でなんとかしよう。」と思っても、状況はますますひどくなることもあります。
まず、自分の身を守ることを第一に考えて行動してください。

ドメスティック・バイオレンス早期発見チェック

救急車イラストドメスティック・バイオレンス(DV)、すなわち配偶者・パートナーからの暴力は、決して特別なことではありません。ある調査では、女性の4人に1人がパートナーから何らかの暴力を受けたことがある、という結果が出ています。  
このDVが起こる過程には、いくつかの兆候があります。暴力の兆候は、早期発見、早期対応をすることが大切です。 次の表で一度チェックしてみませんか。当てはまるものが多ければ要注意です。

パートナーは、

  • 大声で怒鳴る
  • 無視する
  • 発言権を与えない
  • 暴言を繰り返す
  • 人前で馬鹿にする
  • 付きまとう・待ち伏せする
  • 「おまえが悪い」「役立たず」などと責める
  • 「別れたい」と言うと「死ぬ」と脅す
  • 「誰のおかげで生活できるんだ」と言う
  • 大切にしている物を壊す、捨てる
  • 殴るそぶりや物を投げつけるふりをして脅す
  • 壁に物を投げつける
  • 生活費を渡さない
  • 「働くな」と言い、仕事に就かせない
  • 家計を厳しく管理する
  • 酒・ギャンブルなどで生活費を使い込む
  • 借金を負わせる
  • 相手の交友関係、電話・メールなどをチェックする
  • 実家や友達との付き合いを制限する
  • 殴る・蹴る・小突く
  • 髪を引っ張る・腕をねじる
  • 首を絞める
  • 刃物などの凶器を体に突きつける
  • 物を投げつける
  • 望まない性行為を強要する
  • 見たくないポルノビデオを見せる
  • 避妊に協力しない
  • 中絶を強要する
  • 子どもの前で暴力をふるう(面前DVとして捉えられ、児童虐待でもあります)
  • 子どもに暴力を加える
  • 子どもと会わせないようにする
  • 子どもに悪口を吹き込む
  • 子どもに非難させたり、中傷することを言わせる
  • 「子どもに危害を加える」と言って脅す

あなたは、

  • いつも受け身で、絶望感に襲われることがある。
  • パートナーの機嫌を損ねることを恐れ、意見が食い違うことが怖い。
  • パートナーが怒るのは、自分に非があるからだと思う。
  • 自分自身、子どものころ、虐待を受けた、または、だれかが虐待されるのを見たことがある。

相談と問い合わせ先  配偶者などからの暴力などの相談窓口(別ページ)

このページに関する問い合わせ先

企画政策部 人権男女共同参画課 人権・男女共同参画担当
電話:092-580-1840
ファクス:092-574-2053
場所:新館2階

このページに関する問い合わせ先

まどかぴあ男女平等推進センター
相談専用電話 092-586-4035
ファクス番号 092-586-4031
メールアドレス danjyo●bb.csf.ne.jp(●は@に置き換えてください)
場所 まどかぴあ3階(大野城市曙町2-3-1)

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。