メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

女性の登用状況

更新日:2020年1月20日

市では、毎年女性の登用率(各委員会・審議会などの委員に女性が占める割合)を調査しています。
女性の登用率は、女性の自立や男女の共生が求められる社会が、どの程度実現されているかを計る重要な指針です。
女性と男性、双方の意見をあらゆる分野に反映させ、偏りのない公平な審議を行うことは、男女共同参画社会を実現するための重要な要素の一つとなっています。
大野城市における審議会等委員の女性の登用率は、次のとおりです。

女性の登用状況

平成31年(2019)3月31日現在

  • 議員数:25.0%
  • 一般行政職の管理職数:15.5%
  • 地方自治法(180条の5)に基づく委員会等(注1の委員数):17.24%
  • 地方自治法(202条の3)に基づく審議会等(注2の委員数)(目標:42%以上):41.46%
  • 地方自治法(202条の3)に基づく審議会等+規則・要綱等により設置している審議会等の委員数(目標:42%以上):43.84%

 

  • 注1:教育委員会や選挙管理委員会など、地方自治法で設置が義務付けられている委員会等
  • 注2:地方公共団体の執行機関の附属機関として、法律またはこれに基づく政令、条例の定めるところのより設置している審議会等

このページに関する問い合わせ先

企画政策部 人権男女共同参画課 人権・男女共同参画担当
電話:092-580-1840
ファクス:092-574-2053
場所:新館2階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。