メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

平成元年から平成15年

更新日:2019年5月24日

平成時代

平成元年(1989年)

2月 市民情報オンラインシステムスタート。
3月 JR九州鹿児島本線の白木原駅を大野城駅に改称。
4月 大野城総合公園の愛称を「まどかパーク」に決定。
5月 クリーンシティ「おおのじょうの日」実施。
 クリーンシティおおのじょう

6月 第36回全日本勤労者弓道選手権大会開催。
8月 ふるさと創生事業を「青少年の国際交流事業の推進」に決定。
9月 市長選挙。市長に古賀典氏。
9月 第1回まどかリンピック開催。
 まどかリンピック

11月 大野城市暴力追放運動推進会議発足。

平成2年(1990年)

1月 政治倫理条例施行。
2月 障害者きょうどう作業所(まどか作業所・ききょうの里)オープン。
4月 市民図書室と歴史資料展示室オープン。
4月 地域づくりモデル指定事業制定。
6月 奨学資金条例施行。
9月 情報公開条例施行。
10月 国勢調査実施。(人口75,214人・25,269世帯)
10月 第45回国民体育大会弓道競技会開催。MADOKAフェスティバル開催。
 第45回国民体育大会弓道競技会 開会式
 
11月 県営牛頸ダム竣工。

平成3年(1991年)

4月 第3次大野城市総合計画後期基本計画スタート。
4月 自然環境保護条例施行。
7月 国際交流基金で中学生海外派遣。
10月 プライバシー保護条例施行。

平成4年(1992年)

4月 市制20周年記念式典開催。
4月 大野城いこいの森中央公園オープン。
4月 第1回大野城いこいの森ロードレース開催。
 大野城いこいの森ロードレース中の様子
 
5月 青少年センターオープン(200ミリ天体望遠鏡設置)。
 青少年センターの航空写真
 
5月 赤坂テニスコートオープン。
6月 北市民プールオープン。(ウォータースライダー・ローラースケートを併設)
6月 大野城いこいの森スポーツ公園グラウンド完成。
10月 市民慶弔制度スタート。

平成5年(1993年)

1月 大野城市女性計画を策定。
4月 デイサービス事業をスタート。 デイサービスセンター・在宅介護支援センターを開所。
4月 春日・大野城消防本部・署新庁舎(春日市春日公園)完成。
4月 大野城いこいの森「水辺の広場」完成。
7月 大野城いこいの森「キャンプ場」オープン。
 大野城いこいの森「キャンプ場」
 
9月 市長選挙。市長に後藤幹生氏。
10月 空き缶等の散乱防止及びその再資源化の促進に関する条例施行。
10月 21世紀の大野城市を考えるまちづくりアンケート実施。
12月 移動市長室スタート。
12月 小学校に教育用コンピュータを導入。

平成6年(1994年)

4月 大野城市老人保健福祉計画を策定。
4月 移動図書館「わくわく号」運行。
 移動図書館「わくわく号」に集まる人々
 
4月 車いすや寝たきりの状態でも乗車できるリフトカーを運行。
4月 大野城いこいの森イメージキャラクターの愛称を「ハバリィ」に決定。
5月 貨布・移動式竈(かまど)などを大野城市指定文化財に指定。
7月 有料指定ごみ袋制実施。
7月 異常渇水による給水制限。
9月 タウン・ディレクター、市政への提案制度「タウンカード」などスタート。
10月 大野城市子ども議会開催。
11月 多目的複合施設名称を「大野城まどかぴあ」に決定。

平成7年(1995年)

3月 中央デイサービスセンター・在宅介護支援センターオープン。
4月 春日大野城リサイクルプラザ完成。
5月 給水制限解除。
5月 御笠の森・薬師の杜・高原家所蔵文書を市指定文化財に指定。
6月 いこいの里オープン。
10月 国勢調査実施。(人口82,903人・29,549世帯)
12月 環境基本条例施行。

平成8年(1996年)

3月 人権を尊ぶまちづくり条例施行。
4月 第4次大野城市総合計画スタート。
5月 ことばの教室・障害児療育事業開始。
5月 (財)おおのじょう緑のトラスト協会設立。
7月 粗大ごみの戸別収集・有料化スタート。
7月 市内循環バス(まどかちゃん号)路線開設。
7月 大野城まどかぴあオープン。
 大野城まどかぴあの外観写真
 
11月 財団法人大野城市体育協会設立。
11月 24時間巡回型ホームヘルプサービススタート。
11月 第1回生涯学習フェスティバル開催。

平成9年(1997年)

3月 すこやか交流プラザ(健康づくりと福祉の総合センター)オープン。
 すこやか交流プラザの外観写真
 
3月 第1回大野城女性フォーラム開催。
5月 都市計画マスタープラン策定のための第1回市民ワークショップ開催。
 第1回市民ワークショップの様子
 
6月 男女共同参画都市宣言。
9月 市長選挙。市長に後藤幹生氏。(2期)
11月 春日・大野城消防署東出張所開設。
 春日大野消防署東出張所の外観写真

平成10年(1998年)

3月 大野城市環境基本計画策定。
3月 すこやか・ふれあいプラン(地域保健福祉計画)策定。
4月 青少年育成アクションプランスタート。
10月 倉石土地区画整理事業が竣功。
11月 第1回女性の翼(オーストラリア)。

平成11年(1999年)

1月 住民票・印鑑登録証明書自動交付機をまどかぴあに設置。
3月 ホームページを開設。
3月 福岡都市高速道路2号線と九州縦貫自動車道が太宰府インターチェンジで接続。
3月 大野城市都市計画マスタープラン策定。
3月 JR大野城駅東口広場完成。
4月 高齢者生きがい創造センターオープン。
4月 中央コミュニティセンターオープン。
 中央コミュニティセンターの外観
 
6月 南コミュニティセンターオープン。
 南コミュニティセンターの外観
 
6月 生涯学習まちづくり出前講座スタート。
6月 集中豪雨が襲う。(6月29日)
8月 大野城市国際交流協会設立。

平成12年(2000年)

2月 戸籍電算化システムスタート。
4月 ペットボトル・白色トレー分別収集開始。
4月 旭ケ丘テニスコートオープン。
 旭ヶ丘テニスコートでテニスをする人々
 
10月 国勢調査実施。(人口89,414人・33,272世帯)

平成13年(2001年)

4月 牛頸生活環境保全林オープン。
4月 南デイサービスセンター・在宅介護支援センターオープン。
4月 中央・南コミュニティセンターで「遊びの広場」オープン。
4月 緑の基本計画策定。
9月 市長選挙。市長に後藤幹生氏。(3期)

平成14年(2002年)

3月 まどかパークリフレッシュオープン。
 「まどかパーク」リフレッシュオープンの外観写真

4月 市制施行30周年。
4月 子育て支援センターオープン。
4月 ファミリー・サポート・センター・おおのじょう開設。

平成15年(2003年)

3月 コミュニティバス「まどか号」運行開始。
 コミュニティバスまどか号
 
4月 ファミリー交流センターオープン。
8月 特産品、麦焼酎「吟醸磨き大野城」発売開始。
 麦焼酎「吟醸磨き大野城」
 
12月 北コミュニティセンターオープン。
 北コミュニティセンターの外観写真

このページに関する問い合わせ先

企画政策部 情報広報課 広報・広聴担当
電話:092-580-1800,092-580-1814
ファクス:092-573-7791
場所:本館3階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。