コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > 市政情報 > 広報・広聴 > 問い合わせ・提言受付 > 【今までの提言】平成27年度受付分

【今までの提言】平成27年度受付分

更新日:2018年05月11日

提言を選んで閲覧したい場合は、以下の中から閲覧したいタイトルをクリックしてください。

その他の年度の提言へ


市役所からの放送について

要望

 市役所が市民あてに流す情報文の最後の部分で、いつも「こちらは、大野城市です。」と進行形で締めくくっているが、ニュアンス的におかしいのではないか。
 次にまた何か放送が続くような進行形で終わるのは考え直して欲しい。
 例:「以上、大野城市からのお知らせでした。」等
(平成28年3月14日)

回答

 現在、大野城市では、防災無線を活用し、様々なお知らせを市内へ向けて放送しています。
 防災無線については、市役所以外からも放送を行うことがあるため、放送主体が市役所であることをお伝えする目的で、放送の最後の部分を「こちらは、大野城市です。」としています。
 しかしながら、ご意見のとおり、進行形で終わらせていたことで、その後も放送が続くのではないかという意識を持たれている人も多かったのではないかと思われます。
 今後は、「大野城市役所からのお知らせでした。」というような過去形の文言で放送を締めくくり、放送終了をきちんとお知らせできるようにします。
 このたびは、ご意見ありがとうございました。
(危機管理課)


保育園の入所承諾書について

要望

 保育園在園児の入所承諾書が3月になっても届かない。
 他市町村は2月に届いており、新年度の準備等もあるため、遅くても2月中には届けてほしい。
(平成28年3月8日)

回答

 新年度の申し込みについて、新規の方は市役所のみの申し込みとなり、申し込み時に書類の審査を行いますが、既に認可保育園に入所されている在園児につきましては、毎年、各保育園が申込書類を取りまとめて市へ提出した後に書類審査を行い、一括で入所決定を行っています。
 しかしながら、提出書類の不備等と併せて、今年度から始まった「子ども・子育て支援新制度」により、入所要件によって保育園の利用時間が異なるため、その確認作業に時間を要し、3月7日以降に園を通じて入所承諾書をお渡ししたところです。
 今後、2月までに入所承諾書をお渡しできるよう、在園児については、各園の取りまとめを早めにお願いするとともに、書類審査についても早めに取りかかる等の改善を図りますので、ご理解いただきますようお願いします。
(子育て支援課)


中学校のホームページについて

要望

 平野中学校のホームページの情報が、とても古いので更新してほしい。
(平成28年1月25日)

回答

 学校のホームページは各学校によって設置されていますが、有志の先生方によって更新が行われているため、学校間での更新頻度に差があるのが現状です。
 教育委員会としましては、現在「学校情報化整備基盤事業」に取り組んでおり、市内全校の新たなホームページ開設に向けて準備を進めているところです。
 平野中学校については、4月を目処に新しいホームページへの切り替えを行うこととしていますので、学校の準備が整うまでしばらくお待ちください。
(教育振興課)


南地区にコミュニティバスを走らせてほしい

要望

 南地区の横峰や西鉄ストアの辺りは、西鉄バスが運行しておらず、コミュニティバスもないため不便である。
 ふれあい号は、高齢者の移動支援となっているため利用できない。
 南地区にもコミュニティバスを走らせてほしい。
(平成27年12月11日)

回答

 本市コミュニティバスは、連続した公共交通空白地帯を解消し、公共交通を確保するために運行しています。
 南地区は、既存の路線バスがあるためコミュニティバスの運行をしておりませんが、ご指摘のとおり、一部地域では公共交通空白地があります。そこで、同様の声が大きなまとまりとなれば、まずは民間路線バスによる対応の可能性から検討したいと考えます。
 なお、今後も公共交通空白地の連続化などに注視し、公共交通確保の必要性がある地域の把握などに努めますので、ご理解くださいますようお願いします。
(都市計画課)


図書館の利用者カード発行について

意見

 家族の利用者カードを作るために図書館を訪れたが、本人確認書類や同居確認のできるものを持参したにもかかわらず、発行を断られた。
 図書館で本を借りるためだけのものなのに、厳しすぎる対応だと思う。
 また、館内職員の態度についても腹が立った。
(平成27年11月13日)

回答

 このたびは、不快な思いをさせてしまい申し訳ございませんでした。
 まどかぴあ図書館では、利用者カード発行の際、個人情報の保護や第三者による登録・利用を防ぐために、子ども・大人に関係なく、直接本人にカードをお渡しすることと定めており、本人以外に本の貸し出しをすることはありません。ご不便をお掛けいたしますがご理解くださいますようお願いします。
 なお、図書館職員の応対につきましては、利用者の立場に立った気持ちのよい接客を心がけるよう指導を徹底しますので、今後ともまどかぴあ図書館をご利用いただきますようお願いします。
(コミュニティ文化課)


職員について

意見

 国民年金の窓口職員は、もっと知識を持って対応してほしい。
 また、後ろの席から話し声が聞こえて不愉快だった。
(平成27年11月13日)

回答

 このたびは、窓口対応でご不快な思いをさせてしまいましたことをお詫び申し上げます。
 今後、国保年金課職員一同の業務に関する更なる知識の習得と、より良い接遇を進めていきたいと考えておりますので、ご理解くださいますようお願いします。
(国保年金課)


防災の放送とメールについて

要望

 市の放送の音が遠い上に、こだまが響くようになり、いつも何を言ってるのかほとんど聞こえません。緊急時は不安です。市内どこでもはっきり聞こえるように、スピーカーを増すか調整してもらえませんか。
 「防災メール・まもるくん」もあるので、放送と同時に同じ内容をメール送信してもらえると安心できると思います。
(平成27年11月5日)

回答

 現在、訓練や緊急時の放送は最大音量で放送しているため、風向きや気象、立地状況等に影響を受けやすく、地域によっては聞きづらい状況が発生しています。
 そのため、市におきましても、スピーカーの音量や方向の調整等を含めた調査研究や情報伝達等の改善に向けた検討をしています。
 また、緊急時の避難情報等は、災害情報伝達システムによる放送のほか、防災メールまもるくん、市ホームページ、SNS(グーグルプラス・ツイッター・フェイスブック・ライン)により配信することとしていますが、防災メールについては、利用規定で緊急情報以外の配信はできないこととなっておりますので、ご理解くださいますようお願いします。
(危機管理課)


集団お見合いについて

要望

 牛頸ダム、四王寺等々、大野城市は史跡が豊富な市です。毎年、集団見合いに力を貸してあげるべきです。市として幸福づくりのキューピットになってあげてください。
(平成27年10月30日)

回答

 現在、市では、集団お見合い等の事業を行っている部署はありません。
 なお、商工会主催・市共催の「おおのじょうまちなかわくわくパビリオン」において、事業者主体による婚活・恋活事業を実施していますので、ご理解くださいますようお願いします。
(自治戦略課)


市役所駐車場について

要望

 市役所駐車場は、無断駐車が多く、本当に必要な人が駐車出来ない。対策を希望する。
(平成27年10月16日)

回答

 市では、市役所・まどかぴあ等の利用のために立体駐車場・瓦田駐車場(瓦田浄水場横)を含めて441台確保しています。
 現在、警備員の見廻り等で、無断駐車への対応を行っていますが、まどかぴあの駐車場も兼ねていることから利用先の判断は難しい状況です。
 ピーク時等の混雑につきましては、まどかぴあ立体駐車場横に新たに整備した西駐車場(77台)や、市役所北駐車場と東駐車場を平日開庁時間に限り、1時間未満の駐車予定の方に限定する「短時間駐車ゾーン」により、さらなる緩和対策が図られると考えています。
 今後も、より適正な駐車場管理に努めますので、ご理解とご協力をよろしくお願いします。
(管財課)


図書館について

要望

 親子で図書館に訪れた際、子どもが少し走ったり大声を出すと、必ず図書館のスタッフの方から注意をされます。
 小さい子どもやその親に、もう少し温かい対応や雰囲気を作っていただけると大変ありがたいと思います。
(平成27年10月16日)

回答

 図書館では、子どもが走りまわったり大きな声を出したりする際には、職員が保護者や子ども自身に、声掛けを行うようにしていますが、その際は、なるべく小さな声で優しい口調を心がけています。
 しかしながら、子どもがなかなか落ち着かず、保護者が苦慮している場面も見受けられます。
 このような場合には、他の利用者のご迷惑とならないよう、保護者の立場に立った声掛けを行うことが、唯一の手段であると考えていますが、子ども連れでも安心して利用してもらえるような雰囲気づくりに努めます。
(コミュニティ文化課)


道路の舗装について

要望

 牛頸川新北田橋から上流樋ノ口橋の西側に、未舗装の農道あり、年3回程度の草切りを必要と思われます。今までは田圃所有者等が手入れをしていましたが、高齢のため手入れができず、伸び放題となっています。
 この農道を舗装することはできませんか。
(平成27年10月14日)

回答

 今回の未舗装道路につきましては、平成28年度に舗装整備を行う計画となっています。
 対応が遅くなり誠に申し訳ございませんが、ご理解くださいますようお願いします。
(建設管理課)


市民農園の騒音について

要望

 市民農園の近くに住んでいるが、早朝5時台から大きな声で話したり、手動の耕耘機のようなものを使用され、騒音に困っている。
 住宅地であることを配慮した上での農園使用を徹底するよう通達できないか。
(平成27年9月29日)

回答

 このたびは、農園での騒音によって不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございません。
 ご指摘の件については、市民農園入園条件の中で「周辺環境への配慮」として、入園者は十分注意を払って農作業を行い、近隣の住宅や事業所への迷惑となる行為がないよう指導しています。
 しかしながら、今回の件を踏まえ、近隣が住宅地であることから、早朝から大きな音や声を出さないなど周辺に配慮して作業を行うよう、当該市民農園の入園者全員に文書を送付し指導を行います。また、市民農園を巡回する際にも、入園者への注意、指導を徹底します。
(ふるさとにぎわい課)


市長のページについて

要望

 市ホームページに、市長からの一方的な情報発信ではなく、直接、市民が市長に相談するような、双方向に情報をやりとりできるコーナーを設けてはどうか。
(平成27年9月1日)

回答

 「直接、市民が相談できるコーナー」につきまして、市ホームページでは、「市政情報」「広報広聴」の「問い合わせ・提言受付」ページにて、皆様からのお問い合わせ、ご相談はもちろん、市政・まちづくりについての提言をいただけるようにコーナーを設置しています。
 また、今後予定している市ホームページの改修時期に併せて、「市長室から」のページをトップページに配置し、利用者の方により親しんでいただけるようにすることなども検討したいと思います。
(自治戦略課)


ATMの利用時間について

要望

 ATMを利用したいので、午後5時以降も入館できるようにしてほしい。
(平成27年7月29日)

回答

 市役所は、午後5時に受付窓口が閉まりますが、ATMについては、午後6時までの利用が可能となっていますので、お気軽にご利用ください。
(管財課)


日赤社資や募金等について

要望

 日赤社資や年末共同募金などについて、区で競争させたり、強制徴収させたりするところがある。市として強制ではなく、任意であることを周知してほしい。
(平成27年6月29日)

回答

 毎年、5月を赤十字社員増強運動月間と定め、赤十字社員増強及び社資募集運動が全国的に実施されています。
 この運動を推進していくために、区長会において、口頭で「強制や競争ではない」旨の説明をしていますが、説明不足により、市の意図しない結果になっていると推測いたします。深くお詫び申し上げます。
 なお、年末共同募金等は、大野城市社会福祉協議会へ同様の説明を行うよう依頼しています。
 今後は、「強制や競争ではない」旨の説明を丁寧に行い、 また、日赤社資等についての正しい理解を図りながら啓発活動を行いますので、ご理解をお願いいたします。
(福祉課)


受付奥の仕切り壁について

意見

 受付奥のパーテーションは取り外した方がいいと思う。わざわざ無駄なお金を使って顔を隠す必要があるのか。
(平成27年6月24日)

回答

 まどかフロアでは、受付業務と入力業務を委託しており、通常の内部事務処理業務と窓口の委託業務との業務形態を明確に分けるためにパーティションを設置しています。
 その効果として、職員、委託従事者がそれぞれの業務に集中し、事務処理の効率を高めたことが挙げられます。
 なお、パーティションを低くすることや撤去することは、経費もかかるため考えておりません。
 今後、パーティションについて不快に思われるお客様には、設置した理由を説明し、理解していただくよう努めます。
(市民窓口サービス課)


公園の遊具設置と使用制限について

要望

 大野城市の公園は、他の地域と比較すると、遊具設置がかなり少ないと思う。
 また、自転車の乗り入れ等も制限され、子どもの自転車の練習もできない。
 早急に、自転車の練習ができる公園や遊具設置を増やすなどを検討し、改善をお願いしたい。
(平成27年6月15日)

回答

 市内公園は、老朽化した遊具の増加や地域の実状を踏まえた公園施設のリニューアル(更新)を計画的に行っており、他市と比較して遊具が特別少ないという状況ではありません。
 また、小児用の三輪車や子ども用自転車などは、周囲への危険性が低いことから、公園内での自転車の利用を認めています。
 ご利用の際は、保護者付き添いの上、安全面へのご配慮をお願いします。
(公園街路課)


職員座席表の掲示について

要望

 職員の座席表を掲示するか、印刷して窓口に置いて欲しい。
 県などは、公開、配布できるようにしている。
(平成27年6月10日)

回答

 職員座席表は、市役所1階の総合案内及び3階の行政資料室に備え付けており、いつでも閲覧することが可能です。
 また、ご希望があれば3階の行政資料室にて、コピー代をいただいた上で、印刷してお渡しすることも可能です。
(総務課)


川遊びの事故予防について

要望

 御笠川で子どもたちが遊泳をすることがたびたびあり、これまでも市役所や交番へ連絡をして止めるようにお願いした。
 事故の可能性も大きいと思うので、心配する事態にならないようにしてほしい。
(平成27年6月1日)

回答

 市教育委員会では、昨年の福岡市中学生の死亡事故を受け、「御笠川は遊泳禁止であること」「児童生徒の立ち入りを禁止すること」「川では遊ばないこと」を市内全校へ通知し、水難事故防止に向けての指導の徹底を図っています。
 今回のご意見を受け、学校には再度指導を行い、学級での指導を徹底するとともに、職員へ校区内の見回り等を行うよう指示します。
(教育指導室)
 各区、コミュニティセンターに対して、ポスターを配布して注意喚起を行っています。
(安全安心課)


御笠川4丁目北の交差点について

要望

 宇美方面と繋がり便利になりましたが、交通量が増え、右折・左折専用信号がないために渋滞し、とても時間がかかるようになりました。
 早急に改善を求めます。
(平成27年5月22日)

回答

 信号機の設置・管理は、警察(公安委員会)が行っており、市では、地元区からの意向を受けて警察へ要望をしています。
 ご指摘の箇所につきましては、平成25年度に信号機改良の要望をしています。
 しかしながら、新たに県道が開通したことにより交通量が増えていますので、今後も早急な改良に向けて、引き続き警察と協議していきたいと考えています。
(建設管理課)


小学校の登下校について

要望

 御笠の森小学校では集団登校がない。
 下校は地区別にさせているようだが、1人になってしまう児童は信号が渡れないと泣いている。
 保護者の見守りも行うが、ガードレールのない細い歩道が多いことや、不審者が多いこともあるので、市や学校などでもなんとかしてほしい。
(平成27年4月21日)

回答

 現在、登下校中の通学路において、学校、PTA等が見守り、パトロールを行っているところですが、児童が安全に登下校できるよう、登下校時に信号、横断歩道等の巡回を強化し、集団下校時には、パートナーを決め、手をつないで下校させるなどの指導を行います。
 また、市においては、定期的に交通安全指導員による交通安全教室において、信号の見方や横断歩道の渡り方等の交通安全について教育を行うこととしておりますので、ご理解をお願いいたします。
(教育振興課)


自転車通行道路について

要望

 自転車通行道路に段差があるため走りにくく、よろけてとても危険なため、平坦にしてほしい。
(平成27年4月21日)

回答

 自転車専用レーンは、自転車は車両(軽車両)という道路交通法上の考えに基づき、歩行者並びに自転車双方の安全対策として整備しています。
 今回ご指摘いただいた段差(1から2ミリメートル)については、路面を着色する機械の性能上やむを得ず生じるものです。しかしながら、市としましても、段差が生じない方法を検討するとともに、今後利用実態調査等を行い、より安全な自転車レーンの運用に努めてまいりますので、ご理解をお願いいたします。
(建設管理課)


大利小・中学校の側溝水溢れについて

要望

 雨で大利小・中学校の側溝が溢れ、歩道に流出していた。昨年も梅雨時に同様のことが起きているため、早急に対応してほしい。
(平成27年4月16日)

回答

 ご指摘を受け、現地を確認したところ、一部に側溝のつまりがありました。それによって雨水を十分に排水することができず、歩道に雨水が流れてしまったものと思われます。
 つきましては、早急に、側溝のつまりを取り除く作業を行います。
 今後は、より一層、学校施設の管理を徹底し、通行される方々にご迷惑をおかけしないよう対応してまいります。
(教育政策課)


現人橋乙金線の由来について

意見

 現人橋乙金線の由来を教えてください。
(平成27年4月7日)

回答

 通常、路線名は、起点と終点の名称を組み合わせたものとなり、「現人橋乙金線」ついても、筑紫郡那珂川町にある「現人橋」を起点とし、大野城市「乙金」を終点とする路線であることから、この名称となっております。ただし、起点と終点のほかに重要な経過地の名称を路線名に含めることがあるほか、主要地(市名・町名)、主要港、主要停車場、主要な観光地を起点として、高速自動車国道、国道・都道府県道とを連絡する路線の場合は、それぞれ路線名に含めることもあります。
(公園街路課)

このページに関する問い合わせ先

企画政策部 情報広報課 広報・広聴担当
電話:092-580-1800,092-580-1814
ファクス:092-573-7791
場所:本館3階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。