コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > 市政情報 > 広報・広聴 > 問い合わせ・提言受付 > 今までの提言から

今までの提言から

更新日:2017年03月13日

当年度の提言を選んで閲覧したい場合は、以下の中から閲覧したいタイトルをクリックしてください。

 

当年度以前の提言を閲覧したい場合は、以下の中から閲覧したい年度をクリックしてください。



老人園について

要望

 市に甘木市にある卑弥呼の湯のような老人園を作ってほしい。
 高齢者の外出や地域との交流を促し、楽しく喜ばせ元気になってもらい、ボケを防止してほしい。
  (平成29年2月28日)

回答

 本市には、シニアクラブという団体があります。参加するためには会員としての登録が必要になりますが、詩吟、カラオケ、フラダンス等のレクリエーション活動、社会奉仕活動、健康増進活動などが行われており、みなさんいきいきと活動に参加されておられます。
 また、「老人園」については、入浴設備などがある老人福祉センターが該当すると思われます。
 市内には、大浴場や露天風呂が設置された「大野城市いこいの里」という施設があり、大広間でカラオケを楽しむこともできます。ほかにもヘルストロンやマッサージ、地元物産の販売も行っています。60歳以上の市内居住の方であれば100円の利用料で一日中ゆっくりくつろげる施設ですので、ぜひご利用ください。
 このたびは、貴重なご意見をいただきありがとうございました。
  (長寿支援課)


大野南学童保育所について

意見

 迎えに行くとトイレの臭いがひどく、子どもたちからも部屋まで臭っていると聞いた。エアコンも見た目が不潔である。改善してほしい。
  (平成29年2月28日)

回答

 日頃より、留守家庭児童保育所運営にご理解とご協力をいただき、ありがとうございます。
 さて、ご指摘の件について、大野南学童に確認したところ、「トイレは毎日清掃しており、部屋まで漂うような臭いは支援員一同感じていない。しかしながら、トイレが玄関の真正面に位置しており、児童がトイレの扉を開けたままにしたときは、玄関付近まで漂うことがある。」とのことであり、「児童にも確認したが、臭いという声はなかった。」との回答を得ました。また、エアコンについては、3年前に取り替えており、定期的な清掃を行っているところです。
 今回のご意見を受けて、これまで締め切っていたトイレの窓をこまめに開閉し、十分な換気を行うとともに、トイレ及び玄関に芳香剤を設置します。また、丁寧な清掃を心掛け、より快適な保育環境づくりに努めたいと思います。
 このたびは、貴重なご意見ありがとうございました。
  (こども未来課)


マイクロバスについて

意見

 南地区にはマイクロバス(ふれあい号)が走っているが、中央地区にはそのサービスがあるか。
  (平成29年2月22日)

回答

 南地区在住の65歳以上の方を対象とした「ふれあい号」は、南地区7区で組織する自治会組織の南地区コミュニティ運営委員会が運行主体となり、高齢化が進み坂道が多い南地区において、バス停まで坂道移動が困難な高齢者等の問題を地域自らの手で解決するため、地域が自主的に行っている事業です。
 中央地区においては、交通のアクセスもよく、スーパー等も点在し比較的生活環境に恵まれた地域であるため、現在のところ、「ふれあい号」のようなサービスは行っておりません。
 本日いただいたご意見につきましては、貴重なご意見として関係課と情報共有を図ってまいります。
  (中央地域行政センター)


行政区域の見直しについて

意見

 下大利1~5丁目は下大利区に、白木原(職員住宅)は白木原区に、中央1~2丁目(筑紫中央高校、中央コミュニティセンター)は上大利区にするよう見直しを行ってほしい。
  (平成29年2月22日)

回答

 このたびは、貴重なご意見をいただきましてありがとうございます。
 行政区域は、大野城市行政区長設置規則に基づき、その範囲を定めております。これまでも世帯数の増加などの要因により行政区長と協議の上、分区を行い、現在の行政区域となっております。
 ご指摘の区域につきましても、区域の変更(分区)は、これまで検討されてきた経緯はありますが、実施には、その地域の歴史やそこに住む方の合意形成などが必要となり、現状では実現が困難な状況です。
 このようなことから、現在のところ区域変更の予定はありませんので、ご理解いただきますようお願いいたします。
  (コミュニティ文化課)


行政資料室について

意見

 以前、医療費やごみの経費等について確認するため行政資料室を訪ねたが、それぞれの内容については担当課へ行ってくださいと言われた。行政資料室は何をしているのか。
  (平成29年2月22日)

回答

 行政資料室では、主な業務として、市が保有している図書や行政資料を市民のみなさんに活用していただけるよう閲覧を行っており、ご希望の資料の場所をお調べする等の補助的な業務を行っています。
 各資料の内容については、各担当課が詳細を把握していることから、ご質問等があった際にはそちらをご案内することとしておりますので、ご了承くださいますようお願いします。
 このたびは、貴重なご意見ありがとうございました。
  (情報広報課)


青パト(青色防犯パトロール車)での放送内容を市ホームページに掲載することについて

要望

 青パトのアナウンスが最後の方しか聞こえない。市ホームページを確認したがわからなかった。ホームページでわかればご近所での情報共有もできるので掲載してほしい。
  (平成29年2月8日)

回答

 市では、コミュニティや区で行われる青パトによるパトロールの際に、防犯や交通安全に関する放送を依頼しております。
 今後は、交通の妨げとならない範囲で徐行する等、放送の聞き取りやすさに配慮したパトロールを行うようコミュニティや区へ依頼します。
 なお、青パトによるアナウンスの内容は、地域によって内容が異なることから情報発信を行っておりませんが、緊急時や防災・災害の情報はホームページで情報発信を行っております。災害情報伝達システム(屋外スピーカー)の放送内容については、その日時や内容を掲載しており、トップページの「防災・災害関連情報」バナーから確認することができますので、ぜひご活用ください。
 このたびは貴重なご意見ありがとうございました。
  (安全安心課/情報広報課)


新北田橋市民農園周辺の舗装工事について

意見

 人も通らないあぜ道の舗装工事するとの予告が立ててあるが、近辺の人からも舗装するのは解せないとの声が多く上がっている。無駄な税金の使い方はやめて、他の必要なところに使うべきだと思う。
  (平成29年2月6日)

回答

 今回、舗装工事を実施する道路は、市道として管理しており、管理面等を考慮しアスファルト舗装を実施します。ご指摘のとおり、車両通行も少なく利用者の多くが歩行者であることから、必要最低限の整備をすることとしておりますのでご理解くださいますようお願いします。
 このたびは貴重なご意見ありがとうございました。
  (建設管理課)


成人式について

要望

 成人式に出席しようとしたが、式場のブースや式次第等、すべて中学校の区分になっており、中学から私立に通っていたうちの子どもは、座る場所もなく帰ることにしたそうだ。私立に進んだ子どもたちのために、地区で分ける等の配慮を検討してほしい。
  (平成29年1月30日)

回答

 このたびは、成人式にてご不快な思いをさせてしまい申し訳ございませんでした。
 成人式の会場の座席は、市内の5中学校と私立中学校出身者等の市外中学校の計6グループに分けて設置しております。その理由の一つとして、後日送付する記念アルバムに掲載する集合写真の撮影があげられます。
 私立中学校出身者の方も増えておりますので、市外中学校の座席の増設や案内方法等の見直し・改善を図り、すべての新成人の方が気持ちよく参加できる成人式を目指します。
 今後も新成人のつどい実行委員会にて、座席に関することも含め協議しますので、ご理解くださいますようお願いします。
 貴重なご意見をありがとうございました。
  (こども未来課)


小学校への動物の持ち込みについて

意見

 小学校の校内で犬の散歩をしている人がいる。公共の場所なのに、動物の糞尿で汚れたりすると衛生上よくないし、動物アレルギーの人にとってもよくないと思う。校内の駐車場の奥に動物の持ち込みはしないと看板があるが、見える場所に設置されていない。学校内は動物の持ち込みを考えてほしい。
 (平成29年1月30日)

回答

 学校内は、基本的に動物の持ち込みを禁止しており、犬等の散歩などで、動物を持ち込んでいる方を見かけた場合には、教職員が注意を行っているところです。
 しかしながら、休日等の学校開放時(地域イベント等)には、教職員がいないこともあることから、動物の持ち込みに対する注意喚起ができないこともあります。
 今後は、学校開放時の使用団体に対し、学校内に動物の持ち込みが禁止であることを改めて指導します。
 注意喚起の看板がわかりづらい点につきましては、看板の設置位置や注意喚起の表示内容などを検証する必要があることから、今後の検討課題にしたいと考えますので、ご理解くださいますようお願いします。
 このたびは貴重なご意見ありがとうございました。
  (教育政策課)


災害情報伝達システム(屋外スピーカー)について

要望

 屋外スピーカーからの放送が、広範囲に音が反響したり、航空機や大雨時の川の音でかき消され聞こえない。
 氾濫危険区域に住んでいるので、何かあった場合に困ると思う。聞こえるように早めの対策を要望する。
  (平成29年1月25日)

回答

 屋外スピーカーからの放送は、ご指摘のとおり、航空機や雨・風などの外の状況や近年の住宅の高気密化により、家の中からでは音声が聞き取りにくいことがあります。
 聞き取れなかった放送内容については、市のホームページやコールセンター(092-501-2211)でご確認いただけます。  また、緊急時の避難情報などは、屋外スピーカー(災害情報伝達システム)による放送のほか、防災メールまもるくん、市ホームページ、SNS(グーグルプラス・ツイッター・フェイスブック・ライン)により配信しておりますので、下記【参考】よりご確認いただけます。
 なお、屋外スピーカーから緊急時の避難情報を放送する際には、サイレンを吹鳴しますので、サイレンが鳴った場合は河川の氾濫等にご注意ください。
 放送内容が聞き取りづらくご不便をおかけしておりますが、今後も防災行政についてご理解とご協力をお願いいたします。
 このたびは貴重なご意見ありがとうございました。
  (危機管理課)


小学校のサッカーゴールについて

要望

 先日、県内の小学校でサッカーゴールが転倒し、児童が死亡した。
 市内の小学校のサッカーゴールについても、かなり老朽化しており、ネットの破れやゴールの腐食がみられる。しっかりとした安全対策をお願いしたい。
  (平成29年1月23日)

回答

 日頃より、大野城市の教育行政についてご理解とご協力をいただき誠にありがとうございます。
 サッカーゴールにつきましては、年1回行っている市内小・中学校の遊具点検時に状況を確認しています。
 なお、先般の事故を受けまして、サッカーゴールについては、事故防止の注意喚起と対策を行うため再度調査を実施しています。
 今後、安全面に問題があるものは、速やかに修繕等の対応を行い、修繕ができない老朽化したものについては撤去等の対応を行います。
 また、安全面の懸念や緊急性のないものについては、優先順位をつけ、修繕が必要なものから予算の範囲内で対応します。
 このたびは貴重なご意見ありがとうございました。
  (スポーツ課)


牛頸(月の浦)スポーツ広場について

意見

 月の浦にスポーツ公園があるが、それがなくなり資料館ができると聞いた。子どもたちがスポーツをするのを楽しみにしていたので残念でならない。
 子どもたちのスポーツの発展が望めるような施設にしてほしい。
  (平成29年1月23日)

回答

 ご指摘の件は、牛頸スポーツ広場のことと思われますが、この場所は(仮称)小田浦史跡公園の整備工事開始までの間、土地の有効活用のため一時的にスポーツ広場として利用していただいたものになります。
 今回、(仮称)小田浦史跡公園の整備工事が始まるに当たり、平成28年4月から事前にお知らせをしたうえで、平成28年10月末でスポーツ広場としての利用は終了させていただきました。
 子どものスポーツ活動の支援に関しては、学校施設の開放を行っており、スポーツ少年団などに定期使用を認めていますので、そちらのご利用をお願いしております。
 なお、この場所は史跡牛頸須恵器窯跡の拠点場所となる予定であり、多くの皆さまに牛頸須恵器窯跡をより深く理解していただき、また親しんでいただけるように整備計画を立て、それに基づいた整備を進めているところです。
 将来的には学習ガイダンス施設、窯跡を見学できる施設、牛頸須恵器窯跡で発掘された遺物等を納める収蔵庫等を建築する予定であり、本年度は収蔵庫の着工を行います。
 国の史跡であり、地域の宝である牛頸須恵器窯跡が多くの人のふるさとの一つとなるように整備を進めたいと考えますので、ご理解いただきますようお願いします。
 このたびは、貴重なご意見ありがとうございました。
  (ふるさと文化財課)


水城跡について

要望

 水城跡を西門から東門を散策したが、JR線路、御笠川国道3号線、高速道により、非常に散策が困難であった。行く道も分かりにくく、案内もない。何とか早期に西門から東門まで学びながら散策できるよう検討してほしい。
 (平成28年11月7日)

回答

 水城跡については、平成27年3月に太宰府市・福岡県と共同して整備計画を策定し、大野城市内でも平成26年から県道31号線沿いの「水城ゆめ広場」など順次整備を進めているところです。
 現在、「水城ゆめ広場」のほか、「ふるさと水城跡公園」(JR水城駅近く)や東門広場(太宰府市:県道112号線沿い)で水城跡全体が理解できるような解説看板の設置を行っています。また今年3月には、大野城トレイル事業「水城跡ルート」として、水城ゆめ広場から御笠川までの間(大野城市内のみ)の順路案内を看板やアスファルトに埋め込んだ金属盤で示しています。
 その他、水城跡のパンフレットや散策路を示した資料は、市役所歴史資料展示室に準備していますので、お気軽にお問い合わせください。
 JR鹿児島本線や御笠川、国道を最短距離で横断する方法については、大きな課題であり、整備計画の策定時にも検討を行いましたが、各種制約があるため短期間で解決することは困難です。より良いルートが設定できるよう、今後も関係機関との協議を進めますので、ご理解くださいますようお願いします。
 (ふるさと文化財課)


駅やバス停周辺での喫煙について

要望

 電車の改札口周辺でタバコを吸い、そのままそれを捨てる人をよく見かける。子ども連れの際には特に不快であり、景観面でもよくないと思う。駅やバス停周辺を禁煙にするなど対策をとってほしい。
 (平成28年9月9日)

回答

 路上の喫煙は、それ自体を禁止することができないため、喫煙者本人のモラルやマナーに委ねることになります。
 市においては、市民のモラルやマナーの向上のため、喫煙のマナーアップに関する記事を広報などに掲載し、併せて西鉄下大利駅周辺に啓発ポスターを掲示することで喫煙者に対する呼びかけを行ってまいりますので、ご理解をお願いいたします。
 (環境・最終処分場対策課)


小学校のエアコン設置について

要望

 市内の小学校でエアコンが設置されていないところがあるが、不公平ではないか。他の小学校と同等にしてほしい。
 (平成28年9月5日)
 (平成28年9月7日)

回答

 市内の小学校10校のうち、5校(大野小学校、大野北小学校、大野東小学校、大利小学校、御笠の森小学校)には、空港周辺の航空機騒音における環境対策区域にあるため、窓を閉めても快適な教育環境を維持するために、エアコンを設置しています。
 下大利小学校を含めた5校(下大利小学校、大野南小学校、平野小学校、大城小学校、月の浦小学校)は、現在、エアコンを設置しておりませんが、近年の猛暑等に対する教育環境の改善策として、各学校の校舎の大規模改造工事(それぞれ2ヵ年~3ヵ年での整備)に併せて、平成32年度までを目標に、全ての学校にエアコンを設置する予定としており、下大利小学校は、平成31年度から工事を予定しています。
 なお、エアコン未設置の小学校5校には、先行して天井付扇風機を設置しておりますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
 (教育政策課)


市役所とまどかぴあの間にある像について

意見

 国道沿いの市役所とまどかぴあの間にある3つの柱の上に像があるが、それについて説明がなく、どのような像なのかが分からない。
 (平成28年7月28日)

回答

 まどかぴあと市役所の間にある3人の像について、ひとつのモニュメントや美術作品としてではなく、回廊設置工事の際のデザインの一部として何らかの意味づけをしていたとも思われます。市としての意味づけは行っておりませんが、デザイン上の意味づけについては、大野城まどかぴあホームページで確認できますので、参照していただきますようお願いします。
 (コミュニティ文化課)

 

●公益財団法人大野城まどかぴあ
 ホームページURL http://www.madokapia.or.jp/facilities/monument.html(外部サイトへ接続します)


北市民プールについて

意見

 今年から、北市民プールのスライダーの使用料金が有料となった。近隣の市民プールの滑り台は無料である。人件費等を削減すれば、スライダーの使用料金を無料にすることができるのではないか。
 (平成28年7月20日)

回答

 北市民プールの使用料金は、公平性を保つために、平成26年度より入場料金とは別にウォータースライダーの使用料金をいただいているところです。これは、ウォータースライダーの使用の有無に関わらず、プールの使用料金が同額となっていたため、利用が出来ない方との不公平さがあるとの意見を踏まえたものです。
 なお、入場料金につきましては、近隣市町と比較しましても、本市はより安価な料金となっております。
 今後も、北市民プールを利用いただくすべての皆様が安心で快適に遊泳できますよう努めますので、ご理解ご協力をお願いします。
 (スポーツ課)


まどか号の運行ルートの改善について

意見

 現在ルートよりもっと全体的に見直しされると利用の増加になると考えます。南地区にはコミュニティバスがないので利用者の負担金が多くなっています。
 (平成28年7月7日)

回答

 現在、市内では、乙金地区において「乙金第二土地区画整理事業」、市中心部において「西鉄天神大牟田線の連続立体交差事業」が行われております。
 このことから、コミュニティバスの運行ルートについては、これらの事業完了を見据え、今後、全体的な検討が必要であると認識しております。
 また、料金については、コミュニティバスは一方向循環、30分に一本という運行状況であり、路線バスの運行状況とは差があるため、単純な比較はできませんが、利用者の適切な負担という観点から、今後の検討課題であると考えております。
 いずれにつきましても、具体的な検討はこれからという状況ですので、今しばらくお待ちいただきますようお願いします。
 (都市計画課)


ジョークエストについて

意見

 ジョークエストというアプリが、どのようなものになるのか楽しみだ。
 アプリ内でトレイルすべてを回った人に豪華賞品を贈るなどの試みも良いのではないかと思う。
 (平成28年7月6日)

回答

 ジョークエストは、市内に点在する、史跡やお店、施設など地域資源 (地点)を回遊するまち歩きコースを「ミッション」として設定し、ゲーム感覚で市内を回遊してもらうスマートフォン用の無料アプリです。現在、平成28年9月の利用開始を目指して、開発を進めているところです。
 ご提案いただきました景品が得られるアイデアについては、ミッションを回ることで、ポイントがたまり、ポイントと引き換えに様々な品と交換できるような方向で検討しています。ミッションには大野城トレイルを回るコースもありますので、利用開始まで今しばらくお待ちいただきますようお願いします。
 (ふるさとにぎわい課)


まどかスポーツ教室について

意見

 南地区で開催されるまどかスポーツ教室は年2回しかないが、東地区は総合体育館が近いのに、まどかスポーツ教室が年6回も開催されている。
 同じ税金を払っているのに地域差があるのは不公平だ。
 (平成28年4月15日)

回答

 まどかスポーツ教室の主催者である市体育協会に確認しましたところ、講師のスケジュール及び、施設を利用する他の団体との調整により、各コミュニティーセンターでの開催に偏りがあるとのことです。
 現状、南コミュニティーセンターでのまどかスポーツ教室については、開催可能な時間や施設が限られていますが、関係者と協議し、可能な限り平準化しますので、ご理解くださいますようお願いします。
 (スポーツ課)


光が丘公園の改善について

要望

 大池にある光が丘公園では、遊具は一部壊れて使用禁止ラベルが貼られており、砂場は猫の糞だらけなっています。
 また、地面もじゅくじゅくした植物が育ち、草むしりも行われていないようです。
 子どもを安心して遊ばせることができる公園に戻してほしいです。
 (平成28年4月4日)

回答

 このたびは、光ヶ丘公園でご不快な思いをされましたことにつきまして、深くお詫び申し上げます。  公園の遊具は、平成28年2月から3月に掛けて市内全域の安全点検を実施し、安全基準を下回る遊具に対しては使用禁止処置を行っています。使用禁止の遊具については、修理もしくは撤去を行いますので、もうしばらくお待ちくださいますようお願いします。
 また、公園のリニューアルは、公園の利用状況や施設の老朽化等を考慮して計画的に実施しており、光ヶ丘公園の遊具については、今年度に改修工事を行う予定です。
 なお、光ヶ丘公園の清掃及び除草等の管理は、受益地区 (大池区)になっておりますので、大池区と協議しまして公園美化及び公園利用者のマナーアップに努めますので、ご理解とご協力をお願いします。
 (公園街路課)

このページに関する問い合わせ先

企画政策部 情報広報課 広報・広聴担当
電話:092-580-1800,092-580-1814
ファクス:092-573-7791
場所:本館3階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。