コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > 大野城市WEBアンケートシステム「e-ヴォイス」利用規約

大野城市WEBアンケートシステム「e-ヴォイス」利用規約

更新日:2016年11月10日

大野城市WEBアンケートシステム「e-ヴォイス」 利用規約

 

第1条 総則

 1 大野城市(以下「管理者」という。)が行う大野城市WEBアンケートシステム「e-ヴォイス」(以下「本システム」という。)に関して、第2  条に定めるところにより会員(以下「e-ヴォイスメイト」という。)と管理者との間における権利義務関係を定めることを目的とするものとします。

 2 管理者が適切と判断する方法・手段にて、制定、変更または修正の都度、e-ヴォイスメイトに対してお知らせする諸規程は、本規約の一部を構成するものとし、e-ヴォイスメイトは、これを承認し、遵守するものとします。

 3 管理者は、e-ヴォイスメイトの事前の承諾を得ることなく、本規約および前項の諸規程を変更することができるものとします。

 第2条 e-ヴォイスメイトの資格

 e-ヴォイスメイトとは、市内に在住の方、市内に勤務している方及び市内の学校に在学している方で、満16歳以上の方とし、インターネット(電子メールを含む。)を利用して日本語で回答することができる方、かつ本規約を承諾の上、管理者所定の登録手続きを全て完了し、管理者からの承認を受けた方とします。

 第3条 個人情報の取り扱い

 e-ヴォイスメイトから登録時に収集した個人情報やアンケート等の情報は、市政運営の施策に反映及び、企画向上のための集計・分析等に用い、それ以外に利用することはありません。また、大野城市個人情報保護条例の規定に基づき、適切に取り扱い、保護するものとします。

 第4条 IDおよびパスワードの管理

 1 e-ヴォイスメイト登録後、提供されるアンケートに回答する為には、第2条に基づき管理者から承認されたIDおよびパスワードを使用するものとします。

 2 登録されたe-ヴォイスメイトのIDおよびパスワードの管理とその使用に関しての責任は、全てe-ヴォイスメイト本人が負うものとします。

 3 e-ヴォイスメイトは、管理者から承認を受けたIDおよびパスワードの譲渡、貸与、またはその他の処分行為を行ってはならないものとします。

 4 管理者は、e-ヴォイスメイトによるIDおよびパスワードの使用上の過失および第三者の利用に伴う損害の一切の責任を負わないものとします。

 第5条 e-ヴォイスメイトの登録情報

 1 e-ヴォイスメイトの登録情報は管理者が一括して管理するものとします。

 2 e-ヴォイスメイトへの登録の際に申告する登録情報の全ての項目に関して、いかなる虚偽の申告も認めないものとします。

 3 氏名・住所・電話番号・メールアドレス等、e-ヴォイスメイト個人を識別する事のできる情報を除き、登録された情報を本人の承諾なく第三者に開示することがあります。e-ヴォイスメイト個人を識別できる情報を開示する必要性が生じたときは、管理者は事前にe-ヴォイスメイト本人の承諾を得るものとします。

 第6条 e-ヴォイスメイトの任期

 e-ヴォイスメイトの任期は、登録を行った年度の翌年度の3月31日までとします。なお、管理者が特に必要と認めたときは、管理者が指定する任期とします。

第7条 電子メールの送受信

 1 e-ヴォイスメイトは、管理者からの電子メールに対して返信するにあたり、管理者の指定する方法により返信するものとします。

 2 管理者の指定と異なる方法で返信を行ったことにより当該e-ヴォイスメイトに不利益または損害が発生した場合であっても、管理者は、その責任を負わないものとします。

 3 e-ヴォイスメイトがe-ヴォイスメイトとして発信する電子メールの本文中の記載内容に関して、管理者はその責任を負わないものとします。

 4 管理者からe-ヴォイスメイトに対して発信された電子メールまたはe-ヴォイスメイトから管理者に対して発信された電子メールの不達により当該e-ヴォイスメイトに不利益または損害が発生しても、管理者はその責任を負わないものとします。

 第8条 e-ヴォイスメイトの禁止行為

 e-ヴォイスメイトは、以下に該当する行為またはその恐れのある行為を行ってはならないものとします。

(1) 公序良俗に反する行為

(2) 法律、条例その他の法令に違反する行為

(3) 管理者、他のe-ヴォイスメイトまたは第三者の著作権を侵害する行為

(4) 他のe-ヴォイスメイトまたは第三者を誹謗、中傷する行為

(5) 他のe-ヴォイスメイトまたは第三者に不利益を与える行為

(6) 本制度の運営を妨害する行為

(7) 同一人物による重複登録、または、なりすまし登録を行う行為

(8) IDまたはパスワードを不正使用する行為

(9) その他、管理者が不適当と判断する行為

 第9条 e-ヴォイスメイト資格の抹消

 1 以下の項目に該当する場合、管理者は、会員の承諾の有無にかかわらず、e-ヴォイスメイト資格を抹消することができるものとします。

(1) 第2条のe-ヴォイスメイト資格を失った場合

(2) 第8条の禁止事項に反した場合

(3) その他、本規約のいずれかに違反した場合

 
2 e-ヴォイスメイト資格を抹消する場合、当該e-ヴォイスメイトが本サイトで保有する全ての権利を抹消するものとします。その場合は、管理者より抹消の通知はいたしません。


第10条 退会

 e-ヴォイスメイトは、退会する場合、所定の手続きに従い管理者に届け出るものとします。

11条 損害賠償

e-ヴォイスメイトが本規約に違反し、管理者あるいは第三者に損害を与えた場合、管理者は当該e-ヴォイスメイト対して損害賠償の請求を行うことができるものとします。

 第12条 回答内容の著作権

 本制度に基づき行われたアンケートに対してe-ヴォイスメイトが回答した内容の著作権は、すべて管理者に帰属するものとし、管理者は、その回答内容を自由に抽出・編集し、モニターの承諾なしに開示することができるものとします。なお、e-ヴォイスメイトは、当該著作権に係る著作者人格権を管理者および第三者に対して行使しないものとします。

 

第13条 本制度の内容変更

 1 管理者は、いつでも、何らの告知なしに、またe-ヴォイスメイトの承諾の有無にかかわらず、本制度の内容の一部もしくは全部を変更し、または本制度の一部もしくは全部を一時中断、停止および中止することができるものとします。

 2 前項に基づく内容の変更または一時中断、停止および中止によってe-ヴォイスメイトに不利益または損害が発生した場合、管理者はその責任を一切負わないものとします。

このページに関する問い合わせ先

企画政策部 情報広報課 広報・広聴担当
電話:092-580-1800,092-580-1814
ファクス:092-573-7791
場所:本館3階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。