メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

トップページ > 市長室から > 市長執筆 > むねじのつぶやき(市長のフォトレポート) > むねじのつぶやき(市長のフォトレポート)【令和3年10~12月】

むねじのつぶやき(市長のフォトレポート)【令和3年10~12月】

更新日:2021年12月3日

南コミ、みんなで50の人文字
~運営協議会50周年記念事業~(令和3年11月28日)

  • LSPC9545111.jpg
  • GOPR071812.jpg

 大野城市が市制を施行した1年前の1972年(昭和46年)に、南地区はモデルコミュニティとして国から指定を受けました。爾来、「まつり南風(作品展)」や「ふれあいパーティ(年末交流会)」、「南コミまつり」、「芸能発表会」などの地域行事に、市4コミのトップランナーとして積極的な取り組みを進めてこられました。
 去る11月28日(日曜日)、各公民館に集合された皆さんは牛頸ダム下の「井手2号公園」まで歩いて合流。コロナ禍のため参加者は限定され、「50周年みんなでウォーキング」と銘打っての厳粛な記念行事でした。
 自らの50周年のお祝いと来年の市制50周年につなごうという想いが込められた「50」の人文字も完成しました。(上掲左の写真はドローンで撮影)。
 先人たちの手で脈々と受け継がれてきたコミュニティによるまちづくりの原点を垣間見る、記録と記憶に残る心打つイベントとなりました。

DSC_01093.jpg

(令和3年12月3日 井本 宗司)


大野南小学校、一年遅れの創立50周年事業。
~南っ子、みらいにつなぐ虹の橋~

      • DSC09938881.jpg
      • 202111151711522.jpg
      • IMG_234703.jpg
      • 202111151711424.jpg

 昨年11月14日に実施予定だった大野城市立大野南小学校(村松大輔校長)の創立50周年記念行事と式典が、先週の土曜日(11月13日)に開催されました。実行委員会〔本田央(ほんだひろ)委員長〕の皆さんには、コロナ禍で先が見通せない中、2年間にわたりオリ・パラ同様の厳しい決断と周到な準備を迫られたであろうことは容易に想像できます。
 特に、半世紀の歴史を飾るべく、入学時から励んできた昨年の6年生と、いきなり諸行事の主役となった今の6年生児童にとっては、生涯忘れ得ぬ50周年記念行事になったのではないでしょうか。

  • IMG_02165.jpg

 それでも昨年は、6年生の発案で新一年生に「ミニ入学式」をプレゼントして大きくマスコミで報道されました。校歌の一節にあるように「みんなやさしく助けあい」の精神で「みんな夢みる虹の橋」を未来に向けて架けてくれたものと誇らしく思います。

  • 202111151711426.jpg

 明治11年(1879年)に設立された「第二大野尋常小学校」は、その後牛頸中央通り東裏に移転改築され、明治43年には「牛頸尋常小学校」と改称。昭和46年に「大野南小学校」となり、現在地に新築移転、今日を迎えています。
 南っ子の皆さんが、これからも南ケ丘の高台から大野城市全域を見守ってくれることを期待いたします。

 

(注)次週の更新はお休みします。

(令和3年11月19日 井本 宗司)


ついに実現、国宝の展示!
<筑紫の至宝~国宝 翰苑(かんえん)の世界~>

 国宝級の展示が可能な博物館機能を備えた「大野城心のふるさと館」では、開館3周年を機に、いよいよ一級文化財の特別展がスタートしました。
 中国・唐の時代に張楚金(ちょうそきん)が記した歴史書『翰苑 巻第卅(まきのだいさんじゅう)』の写本(国宝/中国では既に原本・写本ともに失われている)の特別展が、11月6日(土曜日)に始まりました(国宝の展示期間は12月7日から12月19日まで)。

      • dsc000001.jpg
      • DSC098772.jpg

 「大野城心のふるさと館」は、多くの歴史資産を有する大野城市にふさわしく、建設当初から国宝が展示できる博物館機能をもたせています。温湿度管理などの保養期間を経て、市制50周年の記念事業に間に合わせてくれました。
 コロナ下で開館3年を迎えたふるさと館ですが、今後も「つくしの歴史」を次の時代に伝えていく展覧会を順次開催する計画です。
 今回の企画では、筑紫(古代の筑前と筑後)の歴史を、興味深いストーリーとエピソードに仕立てて、見どころや歴史的意義、世界観を掘り下げています。

  • dsc000003

 館内では、「田川市石炭・歴史博物館キャラバン展/炭坑(ヤマ)の記録、世界の記憶」や「ここふリンピック(クライミング体験)」なども行われていました。コロナ禍で工夫を重ねて頑張る職員とそれに応えてくれるお客様が創るにぎわいに、忘れかけていた日常をとり戻せた一日となりました。
  • IMG_0119[1].jpg

 1階のここふるショップ(カフェ)で、特別展期間中の限定メニューとして用意された太宰府天満宮にちなんだ「梅ヶ枝餅抹茶セット(400円)」をいただき、ゆっくりと余韻にひたることもできました。

(令和3年11月12日 井本 宗司)


つつじ咲く、25周年で花開くつつじケ丘区。

 平成9年(1997年)4月1日に南ケ丘2区からの分区によって誕生した『つつじケ丘』(日永田貞代区長)は、創区25周年の節目を祝う記念事業を去る10月31日(日曜日)、「つつじケ丘近隣公園」で行いました。記念事業は、当初「夏祭り」に合わせて実施される予定でしたが、コロナ禍の影響で秋に延期されたものです。

  • DSC0971751.jpg
  • DSC_01042.jpg

 DSC_0179234.jpg

 DSC_02515.jpg

 
 ところで、つつじケ丘の地名ですが、「満開のつつじが咲き乱れるような、憩いと潤いのあるまち」との願いを込めて付けられたそうです。創区当初は約600世帯でスタートした「つつじケ丘区」は現在、1600世帯を擁するまちへと成長しました。
 私は、運動会や夏まつりなどの行事に毎回出席しています。その様子は、小枝を四方に分岐して赤や紫、白、橙などの合弁花が色鮮やかに咲き誇るつつじの如く、新旧住民一体による統率のとれた集団の姿を常に見せてくれます。
 私が県議時代にお世話になった初代区長の故武富繁氏の「自分たちの区の基礎を自分たちで作っていく」というつつじケ丘区の理念は、賀来太子氏など歴代区長や関係者の皆さんによって継承されてきました。創区から25年を経て今、満開の成熟期を迎えようとしているようです。
 大野城市も来年50歳の誕生日を迎えます。その時はまた、皆さんとともにお祝いをしましょう。

(令和3年11月5日 井本 宗司)

つくしVISION2030~JC、50周年~

 筑紫地区5市の青年経済人で活動する「一般社団法人つくし青年会議所(以下、つくしJC)」(遠藤尚誉理事長)が、設立50周年を迎え、去る10月24日(日曜日)に記念式典を開催しました。

    • DSC0959711.jpg
    • DSC0967622.jpg


 10月22日の「つぶやき」で、つくしJCと商工会青年部の協同事業として5市同時打上げ花火の紹介をしましたが、ふくおかコロナ警報も解除され、感染対策をとっての式典となりました。
 「自然と歴史と人間の調和~つくしは一つ~」をスローガンに掲げ、1972年(昭和47年)につくしJCは設立されています。この年は、大野城市、春日市、筑紫野市が市制を施行した年でもあります。

      • DSC096613
      • DSC096604.jpg


 50年にわたって受け継がれた設立の理念は、「新しい地域経済をデザインする」という設立50周年運動方針に反映されました。そして具体的な近未来を描く「つくしVISION2030」も、式典の中で堂々と発表がなされました。
 筑紫地区44万人の市民に広く波及する具体的な事業を、各種団体とも連携協力していこうとする決意の表明でした。後に続くJCメンバーに対する御旗になることは間違いありません。
 私も井上春日市長も楠田太宰府市長もJC卒業生です。地域に変革をもたらす起爆剤として、また人と組織をつなぐ接着剤の如く、青年企業家たちの変わらぬ働きに期待は集まっています。

 また、つくしJCの皆さんからは、「つくし絆花火打上げ」への協賛金の中から筑紫地区5市に対し、感染症対策へと寄付の申し出をいただいています。ここに改めまして感謝申しあげます。

(令和3年10月29日 井本 宗司)

動き出した、それぞれの秋。

 緊急事態宣言が解除され、市民が待ち焦がれていた秋が、音を立てず、それぞれにやって来ているようです。
 10月16日(土曜日)、17日(日曜日)の両日、スポーツや文化の諸行事が各所で開催されました。
 今回はフォト・レポートでの「つぶやき」です。

  • DSC093251.jpg福岡都市圏で使用している水に感謝する『筑後川のめぐみフェスティバル』のオープニングセレモニー。(10月16日福岡市役所ふれあい広場)
  • DSC093312.jpg「つむぎ進化する」と銘打った『大野城市美術協会展』で絵画・写真・書などの作品を鑑賞。(10月16日大野城心のふるさと館)
  • DSC093753.jpg
    障がいのある人たちのアート活動を支援する「NPO法人コミュニケーション・アート」2022年度版カレンダーの『原画展』を鑑賞。(10月16日大野城市下大利にあるカフェ&ギャラリー「レグラン」)
  • DSC094084.jpg
    中止が続き、久しぶりに行われたソフトバレーボール大会『大文字CUP/トリム・レディース シニアの部』を応援。(10月17日大野城市総合体育館)
  • DSC094255.jpg
    『第16回大野城市民ペタンク大会』激励。私の仲間たちも3チーム出場し、七日会Aチームが強豪チームを相手になんと優勝。(10月17日大野城総合公園多目的グラウンド)
  • 16344421618686.jpg
    『第46回大野城市民野球大会』では、大野城市役所チームの応援。試合はJA筑紫チームに惜敗。(10月17日大野城総合公園市民球場)
DSC094637.jpg
『第39回おおの山城大文字まつり』のために準備されていた、市内10校の小学6年生による「感謝のメッセージ灯籠」などの展示会場を視察。(10月17日イオン乙金ショッピングセンター)
IMG_31238.jpg
つくし青年会議所と筑紫地区5市商工会青年部の協力事業「つくし絆花火」は、夜8時に一斉打ち上げ。筑紫の夜空に咲いた5輪の花に、しばしの癒やし。(10月17日場所は非公開でした)

 いずれの会場も新型コロナウイルスの感染予防のため、開閉会式をとりやめたり、入場制限や場所の非公開などを措置して開催にこぎ着けておられました。みんなで播いた新たな種は、必ずや花を咲かせ、実となって次代へとつながっていくものと私は確信します。「継続は力なり」です。

(令和3年10月22日 井本 宗司)

見事な100歳、立派なご家族。

DSC_00621.jpg
    新100歳の安河内サキさんのご自宅を訪問し、ご家族の皆さんと記念の1枚
DSC_00053.jpg
    大野城市からのお祝いフォトフレーム。似顔絵入りのメッセージが好評です。

 私は、老人週間(9月15日から21日)には例年、新100歳を迎えられる高齢者宅にお祝い状などの贈呈のため伺っています。今年は大正11年1月22日生まれの安河内サキさん(川久保在住)を10月8日(金曜日)に訪ねました。
 サキさんは、生まれも育ちも大野城市、今でも毎日畑まで歩いて行っての農作業が楽しみだそうです。

DSC_00082.jpg
    サキさんの亡きご主人の思い出話などで、あっという間に時間が過ぎました。記憶もおしゃべりもお見事でした。

 玄関に入ると百歳を祝う紅白の胡蝶蘭が飾られていました。また、床の間にはすでに菅義偉内閣総理大臣と服部誠太郎福岡県知事からの「お祝い状」が届いていました。お孫さんが10人、曾孫19人、玄孫4人に恵まれ、幸せいっぱいで笑顔が似合う新100歳のサキおばあちゃんに、私もたくさんの元気をいただきました。
 大野城市は高齢化率(65歳以上)は22%と若いまちですが、新100歳の方が23人、101歳以上も31人(注)を数えます。この100年で村から町へ、そして町から市へと発展を遂げた大野城。来年4月には市制施行50周年を迎えます。こちらもコロナ感染下での誕生日となりそうですが、みんなでお祝いしたいですね。

(注)令和3年8月31日現在の人数です。

(令和3年10月15日 井本 宗司)

タスキをハッピに変えて。

 今年も10月1日(金曜日)から、全国一斉に赤い羽根共同募金運動が始まりました。
DSC_00271.jpg
    西鉄春日原駅東口での募金活動(10月1日)
DSC_00231.jpg
    駅前から続く「錦町商店会」を1軒ずつ訪問。

 大野城市社会福祉協議会の「社協だより(ふくしんぼ)」2021年秋号によると、大野城市で集まった募金(昨年の総額は18,544,773円)のうち、配分金として約73%、啓発事務費として約6%が市の民間社会福祉活動に活用されています。

fukushinbo-186.jpg
    「社協だより(ふくしんぼ)」2021年秋号から抜粋

 私は、市長就任以来、交通安全啓発活動などで街頭に立つことは多くありますが、コロナ禍により中止が続いていました。10月1日の緊急事態宣言解除で、今回は久しぶりに街頭啓発活動を行うことができました。実は、今年は市長選挙があって春日原駅頭には何度か立っています。タスキをハッピに変え、心新たに募金協力のお願いとなりました。
 とはいえ、コロナ対応ということでチラシなどは直接渡せず、お願いの声も小さく、振り向いてくれる人は例年よりも少なかったように思います。
 75年の歴史を誇る「じぶんの町を良くするしくみ(共同募金)」を継承・拡大する意気込みで西鉄3駅に集合した大野城支会の皆さんが、夕刻の1時間頭を下げ続けてくれました。街頭で募金活動をされているボランティアの方を見かけられたら、どうかひと声をかけてください。あなたの「ごくろうさま!」は回りを明るくし、必ずやまちを元気にしてくれるはずです。

(令和3年10月8日 井本 宗司)

大野城市議会9月定例会始まる

 市長選挙のために他自治体より遅れて市議会定例会が始まりました。
 初日の24日(金曜日)に5期目の市政運営についての「所信表明」演説(約31分)を行いました。

DSC_00363.jpg
    議員席、執行部ともに間隔を空けて9月議会も始まりました。

 所信表明演説は、選挙戦で訴えたマニフェストを軸に構成しました。最優先課題の「新型コロナウイルス感染症対策」をはじめ「西鉄高架化完了後のまちづくり」、「50年目を迎えたコミュニティを基盤としたまちづくりの深化」「血が通った温かみのあるデジタル技術の活用」という4つの重要課題などについて今後の取り組み方針を提案いたしました。

DSC_00613.jpg
    議員諸氏、並びに市民の皆さんに5期目の市政運営に臨む所信を表明。 

 また、9月30日をもって福岡県の緊急事態宣言は解除されましたが、若い世代のワクチン接種率は低く、接種希望者分のワクチンについても各自治体とも国から十分な量を確保できているわけではありません。次に来る「第6波」への備えも私たちは怠ってはならないと全職員、肝に銘じているところです。

 さて、夏の市長選挙に続いて、次の首相を決めることになる自由民主党の総裁選挙も岸田文雄氏の選出で新しい日本丸の舵取りに注目が集まっているところです。そして、いよいよ11月の衆議院議員選挙に向けたコロナ下での熾烈な戦いの時を迎えます。与野党ともにチャンスあり。言いっ放しの議論に走ることなく、大変化が予想される次の任期内において責任政党として何をすべきか、深みのある政策論争を期待しています。

 話を大野城市議会9月定例会に戻しますが、10月4日(月曜日)には各会派の代表質問があり、その後は各常任委員会、決算特別委員会などを経て、18日・19日には一般質問(13名の議員から質問通告あり)、21日の最終日に討論・採決という日程が組まれています。コロナ下での議会傍聴には人数制限などがありますので、ぜひYouTubeで大野城市議会でのやりとりをご覧いただきますと幸いです。

 (令和3年10月1日 井本 宗司)


 
むねじのつぶやき(市長のフォトレポート)【令和3年9月】

このページに関する問い合わせ先

企画政策部 自治戦略課 秘書担当
電話:092-580-1801
ファクス:092-573-7791
場所:本館3階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。