メニューにジャンプコンテンツにジャンプ
大野城市

トップページ > 市政情報 > 行財政改革 > 統合型行政評価システム(公共サービスDOCK事業) > 市役所の事務事業評価(フルコスト計算書診断)

市役所の事務事業評価(フルコスト計算書診断)

更新日:2020年1月24日

フルコスト計算書診断とは?

  
市では、毎年定例的に行う事務事業(経常事業)の、決算データを基に収支をまとめた「フルコスト計算書」を作成し、どれだけの税金や人員などの資源を利用して事業を実施しているか把握することで、事務事業の効率性や必要性の診断を行い、最小の経費で最大の効果を得られるように行財政運営の見直しを行ってきました。令和元年度からは、事務事業の一階層上である施策を単位とした施策評価を実施しています。

 フルコストの流れ  

 

診断結果に対する改善方針及び改善状況調査

診断結果を受けて、どのように事務事業を改善するかの調査を行っています。

 

このページに関する問い合わせ先

企画政策部 自治戦略課 経営戦略担当
電話:092-580-1806
ファクス:092-573-7791
場所:本館3階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。