コンテンツにジャンプ
大野城市コールセンター 092-501-2211

トップページ > 市政情報 > 市の政策 > 被災地応援まどかショップPLUS

被災地応援まどかショップPLUS

更新日:2017年09月19日

被災地応援まどかショップPLUS未曽有の大惨事となった東日本大震災の記憶を風化させないために、大野城まどかぴあ1階で、東北地方の特産品や名産品を販売するチャリティーショップ「被災地応援まどかショップPLUS」を運営しています。
「被災地応援まどかショップPLUS」は、市民ボランティアなどによって運営されており、販売によって生じた収益の全額を、被災地復興支援のための義援金として活用しています。

平成28年6月からは、熊本地震被災地の支援のため熊本県の特産品などの販売を開始しました。
これからは、東北地方の被災地支援との両輪で活動を継続していきます。
   

 

 

クリックすると記事へジャンプします

 まどかショップ店内写真H28.6まどかショップ店内写真H28.62

 

 


 
 
 


 
 
 
   

営業日時

毎週日曜日およびイベント時などの特別営業日 午前10時から午後4時まで

9月

 2日(土曜日)・3日(日曜日)・10日(日曜日)・17日(日曜日)・23日(土曜日)・24日(日曜日)

10月

 1日(日曜日)・8日(日曜日)・14日(土曜日)・15日(日曜日)・21日(土曜日)・22日(日曜日)
・29日(日曜日)

11月

 4日(土曜日)・5日(日曜日)・12日(日曜日)・19日(日曜日)・26日(日曜日)

12月

 2日(土曜日)・3日(日曜日)・10日(日曜日)・17日(日曜日)・24日(日曜日)


   

場所

大野城まどかぴあ1階 北側玄関横
被災地応援まどかショップPLUS店内

まどかショップ案内図

 

   

応援ボランティア募集

ボランティア募集ポスター「被災地のためにできることをしたい」「大野城から被災地に元気を届けたい」 そんなボランティアの皆さんの思いが「まどかショップ」の原動力です。 「まどかショップ」は、多くの市民ボランティアによって運営しています。 皆さんもボランティアとしてショップ運営に携わり、一緒に被災地を応援しませんか。

対象者
15歳以上(4月1日現在)の人
注:19歳未満は保護者の同意が必要

業務内容
ショップでの物品販売、レイアウトなど

日時
開店日の午前10時から午後1時までもしくは午後1時から4時まで(月1回程度)
シフト制(事前のシフト調整でご希望に応じます)

報酬・手当
なし

申込方法
郵送・ファクス・メール・直接提出(任意の用紙または下記の申込用紙に、住所、氏名、生年月日、電話番号、19歳未満は保護者氏名(押印)を記入)

申込用紙   ダウンロード(PDF:213KB)
 




平成28年度義援金を岩手県大船渡市の放課後児童クラブへお届けしました

 
「被災地応援まどかショップ」平成28年度義援金の一部を、東日本大震災被災地である岩手県大船渡市の放課後児童クラブ「にこにこ浜っ子クラブ」に送りました。

「にこにこ浜っ子クラブ」は大船渡市立赤崎小学校の敷地内で運営されていましたが、東日本大震災による津波で同小学校と共に全壊の被害にあい、2017年4月まで仮設施設で活動されてきたそうです。
震災から6年が経過した2017年5月、被災した赤崎小学校と共に移転改築が完了し、現在は新しい施設で安心して活動されています。
 にこにこ浜っ子クラブ地図.png


今回お送りした義援金は、子どもたちから要望があった遊具や玩具の購入資金、またタイル張りで寒い時期にはとても冷たく不便だった床にカーペットを敷くための施設整備費用として活用していただきました。

下記は「にこにこ浜っ子クラブ」の皆様から頂いたお礼状と笑顔いっぱいの写真です。
写真からは新しい遊具で遊ぶ子どもたちの元気いっぱいの姿を垣間見ることができ、今年もまたひとつ大野城市「まどかショップ」発の応援の気持ちを届けることができたことを嬉しく思います。

東日本大震災から6年が過ぎましたが、被災地はまだ復興の途中にあります。
「まどかショップ」ではこれからも継続的な支援を続けていきます。

いただいた写真とお礼状は、しばらくの間、まどかショップ店頭に掲示していますので、ぜひご覧ください。


にこにこ浜っ子クラブ写真.jpg
にこにこ浜っ子クラブお礼状.jpg 

 

 過去の義援金についての詳細は下記の記事をご覧ください。

「平成26年度義援金を岩手県釜石市の児童館へお届けしました」
「平成27年度義援金を岩手県陸前高田市の保育園へお届けしました」






 
 
   

平成27年度義援金を岩手県陸前高田市の保育園へお届けしました

ご協力ありがとうございました!

「まどかショップ」では、平成27年4月から平成28年3月までの収益と店頭募金481,614円を、東日本大震災被災地である岩手県陸前高田市の広田保育園に義援金としてお送りしました。

広田保育園は海から300メートルの位置に建てられていたため、東日本大震災で床上60センチの津波が襲い、半壊の被害を受けた保育園です。 子どもたちは職員の方々の機敏な行動により全員無事でしたが、それから4年間は毎日地震と津波に脅えながらの生活を余儀なくされました。その後、平成27年4月に日本赤十字社・マレーシア赤新月社「東日本大震災復興支援事業」により、海抜30メートルの高台に新園舎が完成し、安心して園生活を送れるようになったそうです。

今回お送りした義援金は、子どもたちが毎日お弁当で使用する食器の購入資金、また子どもたちを日差しから守る砂場の屋根の設置費用として活用していただきました。

大野城市「まどかショップ」発の応援の気持ちが、またひとつ東日本大震災被災地に届いたことを嬉しく思います。
当ショップの運営の趣旨をご理解のうえ、商品をお買い求めいただいた多くの皆様に感謝いたします。

 広田保育園地図.png
 

笑顔のお手紙をいただきました

このたび、義援金をお送りしていた陸前高田市広田保育園から、お礼状をいただきました。

新しい食器でおいしいごはんをおなかいっぱい食べる元気な子どもたちの写真が添えられており、「まどかショップ」の一年間の活動や応援の気持ちが形になり届いたことがうかがえました。

いただいた写真とお礼状は、しばらくの間、まどかショップ店頭に掲示していますので、ぜひご覧ください。

広田保育園からの写真1.png広田保育園からの写真2.png広田保育園からの写真3.png広田保育園からの手紙.png
  

 

 


                          

平成26年度義援金を岩手県釜石市の児童館へお届けしました

ご協力ありがとうございました!

平成26年10月のオープン以来多くの皆様にまどかショップをご利用いただき、おかげさまで平成26年10月から27年3月までの6カ月間のショップ運営による収益および店頭募金が、総額131,835円となりました。

今回、まどかショップでは、東日本大震災被災地である岩手県釜石市の鵜住居(うのすまい)児童館および唐丹(とうに)児童館に全額を寄付いたしました。

義援金は、それぞれの児童館に配分され、子どもたちが日常使用する備品やおもちゃ等を購入する資金として活用していただきました。

  • 鵜住居児童館:紙芝居セット・おもちゃセット等の購入資金として71,835円
  • 唐丹児童館:クリーナー・紙芝居セット・バトミントンセット・ボードゲーム等の購入資金として60,000円

寄付先地図

釜石市の児童館から 心温まるメッセージをいただきました

このたび、義援金をお送りしていた釜石市の鵜住居(うのすまい)児童館・唐丹(とうに)児童館から、子どもたちの心温まるメッセージが添えられたお礼状をいただきました。

これを受けて、8月9日(日曜日)に、まどかショップの運営や義援金に関する市長報告を行いました。
まどかショップでは、しばらくの間、お礼状と子どもたちからのメッセージを店頭に掲示していますので、まどかショップにお立ち寄りの際は、ぜひ心温まるメッセージをご覧ください。

メッセージ

これからも継続的な支援を

これからも応援するジョー!
鵜住居児童館、唐丹児童館は、東日本大震災の津波により、建物も備品もすべて流失してしまいました。現在は仮設園舎で活動を継続されていますが、まだまだ十分な設備が整っておらず、不便な思いをされています。

東日本大震災の被災地ではまだこのような現状が続いていることを知り、忘れないこと。これからも継続的な支援を行うこと。

まどかショップでは、店頭募金や運営収益による義援金の寄付はもちろんのこと、まどかショップの周知をすすめることで東日本大震災被災地の記憶を風化させないことも重視しています。
また、商品を東日本の企業から仕入れて販売することで、被災地で経営を続けている企業の直接的な支援につなげることも活動目的のひとつです。

まどかショップに係わるすべての人たちのあたたかい気持ちを、これからも東日本大震災被災地に届けることができるよう、多くのお客様のご来店をお待ちしています。


 

 

 

 

「熊本地震」被災地商品の販売を始めます

熊本地震の被災地を応援します!

熊本県特産品コーナー写真
 
平成28年4月に発生した一連の地震による被災地である熊本県では、日常の暮らしや経済活動等に甚大な被害が生じています。

このことから、「まどかショップ」でも熊本地震被災地の支援活動ができないか検討をかさね、同年6月から熊本県産商品を取り扱うことになりました。 まどかショップ店舗内に「熊本県産商品コーナー」を設置し、食品・菓子・グッズなどを取りそろえ販売します。

大野城から被災地に元気を届ける「まどかショップ」は、支援の輪を大きく広げて活動してまいります。 パワーアップした「まどかショップ」に、ぜひお越しください! 
                                                                                                                                               

 

「熊本県特産品コーナー」に菊池市の特産品が仲間入りしました!

 菊池市特産品入荷(商品棚の写真) 

大野城市と熊本県菊池市は、古代山城を通じた交流があり、平成28年熊本地震の際には救援物資の提供や職員派遣など独自の支援をおこなってきました。 「まどかショップ」では、「道の駅 七城メロンドーム」のご協力のもと菊池市の特産品を販売しています。 店内の”熊本県特産品コーナー”にて販売していますので、ぜひお立ち寄りください。

 

                                                                         
 
 

被災地応援まどかショップニュース(随時更新中!)

 

平成28年度の義援金を被災地へお届けします

H28義援金額報告POP.png

 

 
「まどかショップ」では、東北地方や熊本県の被災地から特産品を仕入れ、販売利益を義援金として被災地へ送る、二重の支援を行っています。平成28年4月から今年3月までの1年間のショップ運営では、被災地から約317万円の仕入れを行いました。また、その売上および店頭募金により総額473,983円の義援金を被災地へお送りすることとなりました。
東日本大震災および熊本地震被災地の復興支援を目的とした義援金として活用させていただきます。
また、義援金寄付先についての詳細は、後日詳しくご報告いたします。

ご協力いただき、誠にありがとうございました。

 

過去の義援金についての詳細は下記の記事をご覧ください。

▶「平成26年度義援金を岩手県釜石市の児童館へお届けしました」
▶「平成27年度義援金を岩手県陸前高田市の保育園へお届けしました」

 

(平成29年5月8日更新)

ご来店ありがとうございました〈 3月11日「復興の夕べ」出張販売〉

復興の夕べ20170311(1).JPG復興の夕べ20170311(2).JPG

東日本大震災から6年となる3月11日に東コミュニティセンターで開催された「復興の夕べ」に、まどかショップも出店しました。

当日は13時の開店直後からたくさんの方々に来店いただき、多くの商品をご購入いただきました。 復興の夕べにご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
 
 (平成29年3月16日更新)
 

開店2周年を迎えました

開店2周年.png

被災地応援まどかショップPLUSは平成28年11月で開店2周年を迎えました。 まどかショップでお買上いただいた皆様やショップ運営に携わる応援ボランティアのほか、多くの方々のご支援を受けて、まどかショップは順調に運営されています。 これからも被災地応援まどかショップPLUSをよろしくお願いします。

(平成28年11月7日更新)
 
  

冷たい飲み物があります

ジュース

「賢治の里りんごジュース」(130円)、岩手県龍泉洞の湧水を使用したミネラルウォーター(140円)、緑茶(160円)、コーヒー(オリジナルブレンド、ブラックともに130円)、青森リンゴのストレートジュース「希望の雫」(ペットボトル入160円)、濃縮還元りんごジュース「あおもり」(紙パック120円)のほかに、新しく「マスカットサイダー」(200円)を入荷しました。

”まどかショップ”の冷たい飲み物でリフレッシュしてはいかがですか。

(平成29年7月3日更新)

 

 

 

8月の人気ランキング

  • 1位 希望の雫(ストレートりんごジュース)
  • 2位 三陸ふわとろめかぶスープ
  • 3位 賢治の里 りんごジュース(ストレートりんごジュース)
  • 4位 あおもり(濃縮還元りんご100%ジュース)
  • 5位 南部煎餅 おばあちゃん落花生

  
 ランキング画像(希望の雫・めかぶスープ・賢治の里).png 人気ナンバー1の「希望の雫 りんごストレートジュース」は、品種「ジョナゴールド」「ふじ」「王林」を、特殊な製法で搾汁・ブレンドした果汁100%のピュア(純粋)なりんごジュースです。
  酸化防止剤(ビタミンC)も使用していませんので、青森県産の完熟りんごを自分で搾ってすぐに飲むのと同じ状態のジュースをお楽しみいただけます。

 
 

 

 



  (平成29年9月1日更新)

 
  





  

こんな商品もあります!

しじみみそ汁(8食入)

しじみみそ汁.jpg
青森県産の新鮮なしじみのレトルトパックと、しじみエキス入り調味みその8食分セットです。お湯を入れるだけで美味しいみそ汁が出来上がります。

七城フルーツシャーベット 

七城シャーベット写真.jpg
熊本県産のとれたてフルーツの果汁を使った、シャリシャリの食感と果肉の食感が楽しめるブロックゼリー入りシャーベットです。味は「肥後グリーンメロン」「アールスメロン」「ブルーベリー」「いちご」「マンゴー」の5種類があります。

マスカットサイダー

マスカットサイダー写真.JPG
ほのかなマスカットの香りとシュワーっと喉にくる炭酸が心地良い、どこか懐かしさを感じる岩手県陸前高田市の地サイダーです。

いぶりがっこ

いぶりがっこスライス画像.JPG
秋田名物・囲炉裏干しで燻製にした大根の漬物です。ご飯やお茶はもちろん、おつまみとしても良く合います。
袋から出してすぐ食べられるスライスタイプのほか、好きな厚さに切って楽しめる1本入りもあります。

岩谷堂羊羹

 岩谷堂羊羹.JPG
コシが強くてコクがある、岩手県奥州市の羊羹です。
定番の小倉・本練・黒練のほか、くるみ・ごま・しお などバリエーション豊富に取り揃えています。

油いため たかな漬

 たかな油いため.JPG
阿蘇地方独特の「阿蘇たかな」と熊本県益城町地方で栽培された歯ごたえのある「熊本たかな」をブレンドした、ごまの風味豊かな油いためです。

ふかひれ濃縮スープ 広東風

ふかひれ濃縮スープ広東風.JPG

 気仙沼産のふかひれを使った、醤油中華風味のスープです。
豆板醤の風味がきいた「四川風」、さっぱり塩味ベースの「北京風」もあります。

福島 りょうぜん漬

かあちゃん漬・とうちゃん漬・大根の味噌漬・きゅうりの味噌漬
福島 りょうぜん漬
国の名勝「霊山」にちなんだ塩分控えめ、自然のおいしさそのままの低カロリーな漬け物です。福島県特産のエゴマも入った香り豊かな商品です。



豆★ごぼう君(かつお風味)
豆★ごぼう君(福島りょうぜん漬).JPG
タンパク質豊富な国産大豆と、食物繊維たっぷりのごぼうを、だし醤油でさっぱりと仕上げた、かつお風味の漬物です。

七城フルーツゼリー

菊池ゼリー.JPG

 熊本県菊池市産のフルーツを使用した、味わい豊かなゼリーを新たに入荷しました。メロン、マンゴー、ブルーベリーの3種類を取り揃えています。

デコポンゼリー

デコポンゼリー写真

 爽やかな甘みのデコポンの果肉がたっぷり入ったゼリーです。新鮮な果肉と果汁を楽しんでください。

太平燕(タイピーエン)

太平燕写真.JPG

 マグカップにスープと春雨を入れ、お湯を注いで3分待つだけ。手軽に楽しめる熊本名物です。チキン・高菜とんこつ・白湯とんこつ・ゆず胡椒・トマトなど、さまざまな種類の味を取り揃えています。

南部鉄器 風鈴

南部鉄器 風鈴 写真

南部鉄器メーカー「岩鋳」の鋳鉄製風鈴を入荷しました。 その音色は、ガラスの風鈴よりも高く透き通っています。不思議なことにサビが出てしまってもその音色はほとんど変わりません。 風鈴に「涼」を感じてみてはいかがですか。
伝統的な「松」「釣鐘」(各760円)のほか、おしゃれでカラフルな「花」(各1,190円)があります。

おつまみ板昆布

おつまみ板昆布写真

長さ50センチメートルもある1枚昆布で、うま味と栄養たっぷり。
子どもたちのおやつに、お酒のお供に最適です。
手でちぎって、ぜひどうぞ。

岩手盛岡発じゃじゃ麺

岩手盛岡発じゃじゃ麺写真

シコシコとした歯ごたえの太打ち麺とピリッと辛い黒ゴマ肉みそだれが自慢の「岩手三大麺」のひとつです。
最後のシメは、熱々のゆで湯と卵を入れた「チータンスープ」で。

喜多方ラーメン

喜多方ラーメン写真

少し太めのちぢれ麺と、くせのないすっきりとした醤油スープが美味しい、喜多方定番の味です。

岩手南部せんべい詰合せ(無選別)

南部せんべい.JPG

小麦粉を練り、ゴマ・ピーナッツなどをのせて型に入れて焼いた南部せんべい。「みみ」がついている伝統的な煎餅やクッキータイプの煎餅など8種類の味が楽しめます。

岩手三陸通り 海藻ハリハリサラダ

ハリハリサラダ

岩手県産の切り干し大根と海藻を、たっぷり使ったサラダです。
熱湯で5分戻すだけで、パリパリ、シャキシャキの食感を楽しむことができます。

 

注:時期によって店舗に在庫がない場合があります。

(平成29年9月1日更新)

 

 

「被災地応援まどかショップPLUS」PR動画作成しました!

動画は こちら「大野城市 動画サイト」より ご覧頂けます。

 

 

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

企画政策部 自治戦略課 政策推進担当
電話:092-580-1805
ファクス:092-573-7791
場所:本館3階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。