メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > ひとり親家庭の皆さんへ > 福岡県母子寡婦福祉資金の貸付

福岡県母子寡婦福祉資金の貸付

更新日:2020年8月26日

県では、母子家庭の母、父子家庭の父または寡婦が扶養している子どもの進学に必要な資金の貸し付けを行っています。

対象者

  1. ひとり親家庭の母または父で児童(20歳未満)を扶養している人
  2. ひとり親家庭の母または父に扶養されている児童(20歳未満)
  3. かつて母子家庭の母であった人(寡婦)
  4. 寡婦に扶養されている子(20歳以上)
  5. 配偶者と死別または離別した40歳以上の配偶者のいない女子で、母子家庭の母および寡婦以外の人

注意点

  • ひとり親家庭の母または父が、子ども(上記の児童および子)のための資金(修学資金、就学支度資金等)を借りる場合、その子どもが連帯借受人となり、連帯して債務を負います。
  • 子ども(上記の児童および子)が借受人となる場合は、親が連帯保証人になる必要があります。貸付の種類によっては、そのほかにも連帯保証人が必要な場合があります。

資金の種類

  • 高校・高等専門学校・短大・大学・大学院・専修学校への進学のための修学資金
  • 小中学校・高校・高等専門学校・短大・大学・大学院・専修学校への進学のための就学支度金

注:貸付限度額は、学校種別などによって決まります。

申込方法

子育て支援課で事前に相談のうえ、必要書類を提出してください。

注:申し込みは、随時受け付けていますが、貸付決定までに1カ月から2カ月ほどかかりますので、早めに相談してください。
注:借受人らの償還の意思や償還能力に応じて、貸付が可能かどうかを決定します。
注:申請時には、借受人や連帯保証人などと必ず面接を行っています。

このページに関する問い合わせ先

こども部 子育て支援課 子育て支援担当
電話:092-580-1862,092-580-1863
ファクス:092-573-8083
場所:本館1階

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。