メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 子ども・若者を応援します! > 参加したい > 令和4年度(2022年度)以降も成人式の対象年齢は20歳とします

令和4年度(2022年度)以降も成人式の対象年齢は20歳とします

更新日:2020年06月05日

平成30年6月13日に「民法の一部を改正する法律」が成立し、令和4年(2022年)4月1日から成年年齢が18歳に引き下げられることとなりました。
そのため、毎年1月(成人の日)に開催している成人式について検討を行い、令和4年度以降も20歳の人を対象とすることとしました。成人の日は「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」と国民の祝日に関する法律に規定されていますので、これからも若い人にエールを送るため、成人式を実施します。

 令和4年度以降の大野城市成人式について

  • 対象者:その年度に20歳を迎える人
  • 開催日:成人の日(1月第2月曜日)

 

対象年齢を20歳とした主な理由

  • 18歳は多くの人が高校3年生で進学や就職などを控え、進路を決める重要な時期であり、本人だけではなく家族にも大きな負担となり、参加できない人が増える可能性が高い。
  • 20歳は、18歳では認められていない一部の権利が認められることや、現状では少年法が適用されなくなることから、これまでと同様により一層の責任と自覚が求められるようになる。
  • 20歳は、自立しようとしたり、その意識が芽生えたりする時期であり、成人の日の趣旨を踏まえ、そのようなときに将来を担う青年を応援し、励ますことは非常に有意義である。

 

このページに関する問い合わせ先

こども部 こども未来課 こども育成事業担当
電話:092-580-1811
ファクス:092-404-0240
場所:青少年の居場所(ユープレ)
住所:〒816-0931 大野城市筒井二丁目2-2

このページに関するアンケート

情報は役に立ちましたか?
このページは探しやすかったですか?

注意:
こちらは問い合わせ用のフォームではありません。業務に関する問い合わせは「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックしてください。